Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

自由とは何ぞや?

ふ〜。

せっかくの連休なのに、外出自粛。
クルマあっても意味ないわ。

長らく出張で来てたヒトが帰国しちゃって、ちょっとメモ代わりに記録。

コンパウンドで皆で住み、単独での外出は禁止。
クルマ買うにも手続きが煩雑で、アルジェリア政府からの許可&ナンバープレート発給を待ってる間に任期が終わっちゃうんじゃない?という状況で、本当にクルマ買うのも持って来るのも躊躇するよね。
むかーし、まだ割とアルジェが平和だった頃、北米からクルマ(新車)買って持って来たヒトがいたそうなんだけど、アルジェ到着後に何カ月もカスタムにスタック、やっと終わったら…。
中古車?ってくらい荒らされてたそうで。
どーせなら、リースするとかレンタカーとか、別の方法を考えるべきだろうね。

なんでこんなにクルマのハナシをクドく書くかっていうと、概ねの北米人はクルマこそが自由の象徴って思ってるヤツが多いから。

確かに、アシがあるのは良いかもしれない。
ふっと思い立った時に、ふっと出かけられるし。

でも、ここって行っちゃーイケナイ地区がとっても多い。
っつーか、基本アルジェ市内とその近郊しかクルマでは行けないことになってるんだよね。
しかも、市内でもレッドゾーンやイエローゾーンがあったりして、知らずに行ってたわ…ってことも度々あったかもしれない…。

それなのに、クルマがあることが本当に自由だと言えるのか?
自分で運転して、事故るリスクを増してどーすんの?って思うんだけど。

なんだかメモじゃない長さになってきた。(笑)
要するに、ここ(戦闘地区指定の国で、収容所みたいなコンパウンド生活)で自由を討論するなら、クルマのあるなしではなくて、フランス語(またはアラビア語)ができるか否か、だと思うわけです。

土地の言葉が分かれば、何でも自分の要求は伝えられるわけだからね。
例えそれが叶えられなくても。(爆)
言葉ができなくちゃ、どんな希望なら叶えられて、どんなものは叶えられないか、それさえも分からない。

オタクはクルマがあって良いよねって、これまでいろんな人に言われたけど、それはアンタが仏語ネイティブだから言えることだ!って、ずーっと言いたかったけど言わなかった。
言っても分かってもらえないであろう、そんな人たちだったから。
今、コンパウンドのマジョリティが仏語から英語に移行、ローカルスタッフも変わるだろうか?

北アフリカで、イードの連休に、なんかスゴくふか〜いこと考えてるじゃんか、自分。
めっちゃフォーカスがズレてるけど。(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2014-10-05 22:11 | アルジェ生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30