Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

女性の運転許可?

先日、Tちゃんがこんな記事があるとメールして来ました。

Telegraph

何だか急展開になりそうですねえ。
ちょっと私なりにシミュレーションしてみました。

***

実際には、運転免許証が実際に持てるというより「法令が発令される見通しが年内に立つ」と解釈するべきだろう。仮に、2009年から女性の運転免許証が発給になると設定して、そのために必要な条件は何だろうか。

免許証の申請・発行にあたっては;
* 満25歳であること
* 犯罪歴のないこと
* 視力・聴力が一定基準を満たし、健康体であること
* 自動車学校において、各レベル(車輛整備、運転技術、道路交通法など)に応じた講義と実地訓練を規定の期間受けること
* 筆記と実地試験に合格すること
* 仮免許証の期間を数年程度設けること
* 各グレードが少なくとも1年という、段階的免許証のグレードを設けること
* 自動車保険への強制加入
 

免許証受領後の運転の際には;
* 運転は日中に限る
* 運転時には、30歳以上で運転免許証のある男性親族が助手席に乗る

などの条件が必要になるのだろう。

 しかしながら、ここで浮かんでくる私の疑問は、「では実際に女性は運転するだろうか?」というもの。
 答えは「イエス」であり「ノー」でもあると思う。外国暮らしを経験し、滞在国などの運転免許証を持っている若い女性などは、今でも男装して市中を運転している。また、一般公共道路でない沙漠などでは、女性が運転しているのを私は度々目撃した。


 ここで、現在のサウジアラビアでは運転免許証事情を探ってみると、事実上「購入」していると言えるだろう。
 また、保険も強制加入ではなく、言わば野放し状態で運転しているサウジ人も多い。外国人と事故を起こした場合などは、外国人側が加入している保険でカバーするのが現状だ。
 郊外の舗装道路では、若者によって毎日のように危険なドリフティングが行われている。これを取り締まるために、自動車保険への強制加入や運転者の年齢制限、罰則制度の設定、舗装道路上のみに限らぬ交通法などの法整備などなど、抜本的な改革案として、女性への運転免許証発給開始をその機会として捉えているのではないか。制度を導入によって、現在抱えている問題を解決するという一石二鳥とも三鳥とも言える政策にしたいとの思惑が伺える。
 車輛改造を禁止するために、日本のような車検制度の導入もあり得るだろう。
 女性が運転できないために、例えば幼い男児がいる家庭では、その子に一切の責任が降り掛かるという現実がある。母子家庭になった家の10歳の長男が、亡くなった父親に代わって母や姉妹を日常品の買い物に連れて行かねばならぬという。こういったサウジ社会では当たり前と思われていることも、子どもの人権を鑑みれば首を傾げるものだろう。そういった社会の歪みを正したいと、国民も国王も、切に願っているのかもしれない。

***

どんなもんでしょうか?
果たして今年中に何らかの動きがあるのか、気になるところですね。
[PR]
by maadienne | 2008-01-25 00:51 | サウジアメリカ

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30