Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:サウジアメリカ( 156 )

リヤドにモノレール?!


新聞紙面で見つけたニュース。
リヤドのモノレール工事の契約に、ボンバルディエ社が調印したのだそうです。

たった3.6kmという短い路線らしいですが、無人運転で12両編成とか。
なかなかモダンじゃないですか〜。

英字新聞を読んだのを自慢したくて、Tちゃんに報告したらば、
「女性専用だったら超イケてる!」
と、ひと言。

は?と、一瞬固まってしまった私ですが、ん〜なわきゃないっすよねー。
利用者はきっと、工事現場へ急ぐ外国人労働者でしょ?(苦笑)

完成時期がいつなのか全く書かれていませんでしたが、これからリヤドへ赴任予定のある方には、ちょっと楽しみ?なニュースかもしれませんね。

それにしても、いつぞやは航空機販売に失敗してブラジルの会社に契約をさらわれてしまったボンバルディエ社ですが、「良かったですね!」と思わずにはいられません。(爆)
[PR]
by maadienne | 2010-06-02 18:05 | サウジアメリカ

秋のイベント、目白押し!


まるはば〜。
今月中旬あたりから、妙にたくさんメールが来ます。
私、もうリヤドにはいないんですケドね(笑)。

あんまり面白そうなので、リストアップしておきましょう。
念のため、詳細は伏せますので、興味のある方はコンパウンド内のウルトラ長期在住者をつかまえて、探り出して下さい。
イベントはいずれも早い者勝ちですから(予約&お金払った順)、アクションはお早めに。
幸運を祈りますっ!

10月25日 エールフランスとKLMのオフィスがDhabab St へ移転します。
     (キングファハドメディカルシティの南)
      新しい連絡先:電話01−288−5211、5212
10月26日 某コンパウンドでコーヒーモーニング
10月27〜29日 アートエキジビション
10月29日、30日 ジャズコンサート
10月30日、31日 ゴルフトーナメント


11月 3日 沙漠を歩く会 秋のガラディナー
11月 6日 某コンパウンドにてサウジアラビア写真展
11月 7日 競馬
11月13日 カントリーウエスタンナイト
11月14日 コメディーショー


他にも、コンパウンドのハロウィーンパーティー、写真展、映画鑑賞会、いろいろあったようです。
11月には日本人会の運動会があるはずですし、リヤドの暮らし、忙しいですね(爆)。
体調を崩されませんように。

今年はマダインサーレへのグループツアーが頻繁にありますが、11月にもまたあるそうです。一体何回行ったら気が済むんでしょうか(苦笑)。

そうそう、ヒューマンリソースセンターとか、ライディングスクール(乗馬学校)とか、お仕事もあるみたいです。でも、もう応募の締め切り、過ぎてるかも…。
[PR]
by maadienne | 2008-10-25 02:07 | サウジアメリカ

サウジアラビア・マダインサーレ、世界遺産に登録


UNESCO

arab news

もっと時間がかかると思っていましたが、マダインサーレ(Madain Saleh/Al Hijr)がユネスコの世界遺産リストに追加されました。
このブログの右上にある写真の遺跡です。
正式に世界遺産として登録されるまでには、まだ時間がかかると思っていました。でも、こんなに簡単に認証されてしまったというのは、諸々が随分と前進した証拠でしょうか。


ヨルダンのペトラ遺跡と同じ、ナバティアという古代民族の遺跡です。
ペトラが北の都と言われるのに対し、マダインサーレは南の都と言われています。
サウジアラビア国内には、他にもナバティアンの遺跡がありますが、外国からの滞在者でも比較的訪れ易いのがマダインサーレ。とはいえ、最寄りの空港アルワジまで3時間。通常はメディーナからアプローチするようです。
遺跡内には『アラビアのロレンス』のヒジャーズ鉄道跡があり、隣接しているワークショップには今でも機関車が置いてあります。
大変魅力的な場所です。


これでサウジアラビアが観光に力を入れる…とも思えませんけれど、レアな国のレアな場所として、密かなブームにはなるかもしれませんね。
[PR]
by maadienne | 2008-07-09 19:48 | サウジアメリカ

リヤドサバイバルキット


懸案だったリヤドのガイドブック、ようやくまとめました(爆)。
時間かかりすぎ…。
許してください。

リヤドサバイバルキット

でも、これから赴任される方には、役立ててもらえるかも???
既に情報が古くなってしまってるやんか…というのもありますが、まあ頑張って電子書籍にしたっていうことで、ちこっとほめてやってくださいな。

いつものでじたる書房から販売です。
よろしく〜!
[PR]
by maadienne | 2008-03-12 09:35 | サウジアメリカ

国際ブックフェア

というのが、3月3日からリヤドであるそうですが、日本からも幾人かの方々が参加されるようです。

b0038735_2322413.jpg


この本の著者である本田孝一氏とそのお弟子さんも参加されます。
お二方は、アラビア書道の先生。
アラビア語でレクチャーもされるそうです。スゴーい!


b0038735_2324555.jpg


一昨年、アラブイスラーム学院から頂いた素晴らしい本ですが、私の一番好きな作品はこの「赤の沙漠」です。
良いでしょう?
[PR]
by maadienne | 2008-02-18 23:09 | サウジアメリカ

女性の運転許可?

先日、Tちゃんがこんな記事があるとメールして来ました。

Telegraph

何だか急展開になりそうですねえ。
ちょっと私なりにシミュレーションしてみました。

***

実際には、運転免許証が実際に持てるというより「法令が発令される見通しが年内に立つ」と解釈するべきだろう。仮に、2009年から女性の運転免許証が発給になると設定して、そのために必要な条件は何だろうか。

免許証の申請・発行にあたっては;
* 満25歳であること
* 犯罪歴のないこと
* 視力・聴力が一定基準を満たし、健康体であること
* 自動車学校において、各レベル(車輛整備、運転技術、道路交通法など)に応じた講義と実地訓練を規定の期間受けること
* 筆記と実地試験に合格すること
* 仮免許証の期間を数年程度設けること
* 各グレードが少なくとも1年という、段階的免許証のグレードを設けること
* 自動車保険への強制加入
 

免許証受領後の運転の際には;
* 運転は日中に限る
* 運転時には、30歳以上で運転免許証のある男性親族が助手席に乗る

などの条件が必要になるのだろう。

 しかしながら、ここで浮かんでくる私の疑問は、「では実際に女性は運転するだろうか?」というもの。
 答えは「イエス」であり「ノー」でもあると思う。外国暮らしを経験し、滞在国などの運転免許証を持っている若い女性などは、今でも男装して市中を運転している。また、一般公共道路でない沙漠などでは、女性が運転しているのを私は度々目撃した。


 ここで、現在のサウジアラビアでは運転免許証事情を探ってみると、事実上「購入」していると言えるだろう。
 また、保険も強制加入ではなく、言わば野放し状態で運転しているサウジ人も多い。外国人と事故を起こした場合などは、外国人側が加入している保険でカバーするのが現状だ。
 郊外の舗装道路では、若者によって毎日のように危険なドリフティングが行われている。これを取り締まるために、自動車保険への強制加入や運転者の年齢制限、罰則制度の設定、舗装道路上のみに限らぬ交通法などの法整備などなど、抜本的な改革案として、女性への運転免許証発給開始をその機会として捉えているのではないか。制度を導入によって、現在抱えている問題を解決するという一石二鳥とも三鳥とも言える政策にしたいとの思惑が伺える。
 車輛改造を禁止するために、日本のような車検制度の導入もあり得るだろう。
 女性が運転できないために、例えば幼い男児がいる家庭では、その子に一切の責任が降り掛かるという現実がある。母子家庭になった家の10歳の長男が、亡くなった父親に代わって母や姉妹を日常品の買い物に連れて行かねばならぬという。こういったサウジ社会では当たり前と思われていることも、子どもの人権を鑑みれば首を傾げるものだろう。そういった社会の歪みを正したいと、国民も国王も、切に願っているのかもしれない。

***

どんなもんでしょうか?
果たして今年中に何らかの動きがあるのか、気になるところですね。
[PR]
by maadienne | 2008-01-25 00:51 | サウジアメリカ

サウジ情報

オフロードクラブの友人が、こんなサイトを立ち上げました。
ご参考まで。

Riyadh-KSA.com
[PR]
by maadienne | 2008-01-01 00:01 | サウジアメリカ

体験記を書きました

らまだん、かり〜む!

なーんて、ラマダンが始まってからもう月がまん丸くなってしまったじゃないすっか〜という間の悪さ…。
皆さま、お元気ですか?


このブログには書ききれていない(てゆーか、サウジ政府のサイトブロックが怖くて書けなかったというのが本当のところ)、サウジアラビア体験記を書き終えました。
リヤドで経験&聞き及んだ、ほぼ一部始終が凝縮されています。
怖いですね〜。

以下の「でじたる書房」リンクから電子本としての販売です。
ご興味のある方は、ぜひどーぞ。

でじたる書房『沙漠生活』


追記:
日本では、『キングダム - 見えざる敵』が10月13日(土)から全国の映画館でロードショー!
見たいですね〜。
The Kingdom
[PR]
by maadienne | 2007-09-27 23:59 | サウジアメリカ

最後のショッピング

さて、いよいよ今夜遅くにリヤドを出発という日、私はどこへ行ったのかというと…。

キングダムセンターへTちゃんの職場に配るお菓子の買い物(パッチのチョコレートが恐ろしく値上がりしていてビックリ仰天!)。
そして、
「ロイヤルモール」ですっ!

フツーはやっぱり、最終日にはディラースークへ行くよね?とも思ったのですが、お別れを言うのは苦手の分野なので、スークのオヤジさんたちにはさよならは言わずじまい。
代わりに、先日教えて頂いた女児用のアイススケートリンクがあるというショッピングモールに行ったのでした。

アイススケートが出来るモールは、ファル(タミミの裏)が有名ですが、看板も何も出ておらずわっかりませーん。
ジェアンが入っているサラームモールにもありますけど、小さい…。

ロイヤルモールにはなんと、男児用&女児用が別々にあるのでした。
女児用はもちろん、スモークグラスの向こう側。
営業時間外だったため(夕方4時半から営業)、中には入れませんでしたが、入れたところで写真撮影は厳禁ですから念のため。カメラ付きケータイも不可。

アイススケート場と聞いて、私の中で膨らんでしまったイメージは香港の「太古城中心」で見たもの。あちらもショッピングモールの入り口にあったはずですが、かなり大きいのです。
あれと比べるとリヤドのリンクは、まさしく猫の額ほどの大きさですが、灼熱の国でアイススケートを出来ること自体がスゴい訳ですから、娯楽の少ない国では希少価値でしょう。特に、女の子専用リンクがあるというのは花マルですね。

b0038735_23482243.jpg

[PR]
by maadienne | 2007-08-27 23:50 | サウジアメリカ

新旧交代

しばらく前に、新札の詳細が新聞発表され、徐々に商店でも見かけるようになっていました。

で、そろそろお土産代わりにと思って、今はまだ珍しい新札と、いずれすぐに消えてしまうであろう旧札の両方を各1枚ずつゲットしようと思っていたのに、何かと物入りでちっとも私の財布の中に留まっていてくれません。

あーっ、お写真だけでも撮っておけばよかったと思ったけど、もう後の祭りです。
もう銀行には数十リヤルしか残っていません(涙)。

b0038735_121679.jpg


使う直前に暗いところで撮ったので、色が実際のお札とはビミョーに違いますが、写真は10リヤル札です。
上が旧札で下が新札。
新札の国王、何だかすごく若く見えるのはなぜ?
[PR]
by maadienne | 2007-08-25 20:03 | サウジアメリカ

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30