Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ファントム・ペイン

b0038735_147617.jpg

今月はまるまるひと月、病院通いをすることになってしまった。
診察室の雰囲気が好き、消毒液の匂いが好き…なんていう病院フリークの
ワタクシ的には、嬉しかったりする。
が、今月はラマダン、〆切、オフロード、アラビア語のクラスなどなど、
諸事が重なってちょっとしんどかった。

ラマダン中はほとんど昼夜入れ替わりのようになるから、病院の予約も夜10時とか、勘弁してよ〜という時間帯だったり。
検査結果も無くされちゃうし(結局出て来たけど)、
検査準備に必要なお薬も薬局になくて、街中をかけずりまわったり。
「もうあと1軒だけ行こう。これでなかったら、私は日本に帰るから!」
なんて担架きって最後の薬局へ行ったら、そのお薬があった…。
イロイロあるけど、最終的に辻褄があってしまうという、アラブの鉄則通りの結末。

で、ひと月もかかって何が分かったのかというと、
どうやらどこも悪いところはないらしいということが分かった。
それならどーして痛むんですか?という素朴な疑問が湧くけど、それはもう
「痛むから」
としか言えないみたい(あんた、患者をおちょくうとるんですか?という感じ)。

例えば、片足切断とかして足が無いはずなのに踵が痛いとか膝が痛いとか、
そういう痛みを「ファントム・ペイン」というのだそうだけど、私の場合も
取ったはずの胆嚢が痛む訳ないよねってことでそーゆーことになってしまった。
病名を付けるとしたら、胆嚢摘出後症候群というらしい。
胆嚢を全摘出した患者さんには「とてもよくある」症状ですって。
残りの人生、私はこの痛みとずっと付き合っていかねばならぬ運命なんだ…。

奥歯のクラウンもとれちゃったし、良いコトなし。
ラマダン月のリヤドとほほ体験でした。

*写真は、去年入院したときのKDM病院の病室。
 トイレ、シャワー付きのお部屋は、まるで5ツ星ホテルのような快適さでした。
[PR]
by maadienne | 2005-10-31 01:45 | 閑人的日常生活

円形農場

b0038735_19415337.jpg

郊外へ行くと、こんな緑が広がっています。
円形の畑なわけですが、半径分の長さの滑車付きの機械から
水がまかれています。

オフロードツアーに行くと、朝夕こんな風景に出会えるの。
やっぱり緑や水があると良いなあと思います。
[PR]
by maadienne | 2005-10-30 19:45 | サウジアメリカ

ムーはどこへ消えた?

そういえば、最近ムーを見かけない…。
前は近所のタミちゃんスーパーにさえ出没していたのに、どうしちゃったんだろう。

一体誰のことかと言うと、ムタワこと宗教警察のオヤジさん。
私はいつも宗教警察と言ってしまうけど、正しくは風紀取締委員さんみたいなモノ。
ムーちゃんは皆英語が流暢だし、結構インテリ風だったりもするので、
ワタクシ的には内心、カッコ良いなあと思っていたりする。

なんでも、比較的軽い刑で服役している人を、
「ムーになるなら出してやる…」
とかそそのかしてやらせているらしい(ガセネタかも)。
イスラム原理主義を引っさげているので、かなり保守的。
髪の毛を隠さずに街を歩いていると、「カバーユアヘア!」と言ってくる。
私も、たまたま頭からスカーフがずり落ちたその瞬間に言われたことがある。
かなり柔らかい口調だったけど、気が小さいのか?

知り合いの女性は、
「ペディキュアが赤すぎる」とか
「そのサンダルは足が出過ぎ」とか
やたらめったら攻撃されると嘆く。

女性ばかりでなく、男性もあれやこれやと言われている様子。
かなりな長髪だったある人、いきなりムーに捕まって有無を言わさず床屋へ直行、
坊主頭に散髪されてしまったとか。
でも、タダだったなら得したんじゃない???ね〜。

女性の写真を撮ったり、口答えしてつかみ合いになったり、たまに連行される人もあるらしいけど、ムタワ本人たちに逮捕する権限はないみたい。
それでいつも警察官のオジさんと一緒に行動してるんだ。
踝が出る短めのオバQローブに黒い蚊帳みたいなガウンをまとって、ヒゲぼーぼー。
アガールとかいう黒いワッカを頭にのせていないので、風貌だけでも見分けは簡単。
最近のワタクシは、後ろから来るムタワを空気で察することができるよ!

去年のこと、タワーのあるショッピングセンターで靴を見ていたら、いきなり
「ちょっと店から出ろ」とか
「髪の毛を隠せよ」、
「前のはだけないアバヤを着ろ」とかうだうだ言ってるムタワに遭遇。
まさか自分に言われているとは思ってもみないワタクシは、かなりキレた。
私はいつも必ずスカーフをするか帽子を被っているので、それでも髪の毛を隠せというのは言いがかりじゃんか!と思い、追いかけて行って大声で文句言いまくり。
「ちょっと! あんたよく見なさいよ。私がスカーフしてないってえええ?!」
怒り沸騰、わなわなと手が震えて、涙がボロボロ落ちるもんだから、
ムタワも警察も通行人もビックリ。
結局、警察もムタワも揃って、
「悪かったから。もういいから。ごめん」ということで決着。
この一部始終を携帯電話で夫とアシスタントたちが聞いていた。
やっぱりサムライの子孫、日本女性はスゴい!とかって感心されてしまった。

聞いたところによると、サウジ人はムタワを奇襲して、殴ったり蹴ったりの暴行を働くことがあるのだとか。
ホントかよ〜って思うけど、前に新聞にも書いてあったから本当なのだろう。

アラブ系のムスリムによると、サラーに行かないと玄関を叩きに来るし、
ショッピングセンターでもよく捕まってうっだうだうだうだと説教が始まるのだとか。
奥方がスカーフをしてないと、
「オマエの女房は売女か!」なんて暴言まで吐くのだとか。

私を捕まえたくだんのムーちゃん、実はまだ若くて頼りなげ。
精一杯頑張って恐い顔して言ってみただけかもね。
あの後、私がひとりでレストランでお茶していたらふっと表れて、
「はろー!」と手を振った。
悪い人じゃないんだよね、ホントは。
[PR]
by maadienne | 2005-10-29 18:18 | サウジアメリカ

愛子さまのご予定

b0038735_0372997.jpg

一日おきに家にこもるっていうか、
どわーっと遊びに行く日と、ウチで寝ている日が交互にやってくる。
愛子さまのスケジュール、この頃ようやくつかめました!

最近は益々凶暴になって、白猫黒猫ともマジで取っ組み合いをする。
もっと平和な猫ネコライフを想像していたのに…。
メスばっかり3匹も寄ると、争いが絶えないのは仕方がない?!
[PR]
by maadienne | 2005-10-27 00:34 | Oh My Cat!

ポケットは多い方が良い

b0038735_20412554.jpg

という訳で、こんなのが2つ、運転席と助手席の後ろに取り付けてあります。
何を入れているのかというと、
トイレットペーパー、
各種コード、
回転式充電器、
懐中電灯、
無線機
などなど。

たまに車を修理に出す時、外さなくてはいけませんから、取り外しが楽にできるよう、
バンジーコードにフックがついたので取り付けられるように夫が工夫しました。
[PR]
by maadienne | 2005-10-26 20:45 | オフロード狂奏曲

マックストア発見!

b0038735_2331824.jpg

こんなところにマックストアができたんだ〜と思って入ったら、
「ちょうど一年前のオープン」
と言われてしまいました。

リヤドの中心地にももう一軒あるのは知っていますが、
何しろ車で行きにくい高速道路脇だったりして、行ったことがありませんでした。

それが今回見つけた店は、若者に人気の店がある地区の裏通り。
車だけはとめ易い(笑)。

軽い気持ちで、
「アラビア語入力ができるワープロソフトって、何があるの?」
なーんて聞いてみたら、早速コピーしてくれちゃったんですよ!
信じられない…。でも、しょくらん!

最近マックで売ってるワープロソフトは、縦書きができない、ユニコードじゃない、
などなど、じゃあ結局何ができるん?というシロモノなのです。

私はまだ試してないけど、早速インストールした夫は、
「イイ感じ」
との感想でした。
[PR]
by maadienne | 2005-10-25 23:01 | アラビアン de ないと

アラーム・キャット

最近、黒猫ってば明け方耳元でないて私を起こす。
まるで、「もうすぐ朝のお祈りだよ〜」
なんて言ってるみたい。
そして、本当に、起こされた後で遠くにアザーンが聞こえるのだ。

ったく、あんたはムタワ(宗教警察)かっつーの!
目覚まし猫になるなら、せめて6時半くらいに時間をセットしてよね。
[PR]
by maadienne | 2005-10-24 14:35 | Oh My Cat!

ラマダン再考

b0038735_184916.jpg

ファイサリアのイフタールへ行って来た。
本当はフォーシーズンホテルのに行きたかったのだけど、
夫の職場で連れ立って、今回はファイサリアタワーの
レストランへイフタール・ブッフェへ行くことになったもの。
店内は明るい雰囲気で、間仕切りもなく、ごくノーマル。
アラブっぽいインテリアがとってもいい感じだった。
お写真撮りたかったけど、既に女性たちも着席して、
一部の人は覆面を外していたりして、
シャッター切ったらかなりヤバめな空気だったのでじっとガマン。
もう10分早く行っていれば、お客なしの店内を撮れたのにと悔やまれる。

で、肝心のお食事はというと、パラパラライスにチキンがのってるとか
伝統食が中心だけど、やっぱり美味しい。
サラーへの呼びかけが聞こえる前に全部のテーブルが埋まり、お祈り待ち状態。
いよいよアザーンが聞こえたら、一斉に料理へ走るのかと思いきや、
ゆっくりとデーツと水、アラビアコーヒーをもらって、胃袋を落ち着かせてから。
でも、一旦始まると、あっという間にデザートまできれいさっぱり消えてしまった。
日中何にも食べてないのに、そんなにいっぺんに食べて大丈夫?という激しさ。
5時半ちょっと前から7時頃までの間の瞬間的出来事…というものだった。
次のお祈りに行かなくてはならないからかな?

フィナーレにふさわしい食事だったし、月のモノも来たので、
断食は今日で最後にしようと思う。
このところ夫が言い続けたのは、私の罪深さ。
通常、病気や身体が弱っている人、妊婦や授乳中または生理の人、子どもや老人は
断食をしなくても良いことになっている。
それなのに、私は自分の体調が悪いにも関わらず断食を決行、それって
永遠の楽園に入ろうと神をだますイケナイ行いだと言うのだ。
元々、そんな高尚なことを思って始めた訳ではないんだよね。
ムスリムにできて、私にできないはずが無い…とか、
夕方起き出して夜中起きて食べてるなんて間違ってる!とか、
いわば挑戦だった訳よ、そういう間違ったラマダンをしている人に対しての。
けれど、やっぱり私の動機が不純っていうのに違いないし、
ここらで兜を脱いでしまおうと思う。

来年、またアラブ地域に居られて健康体だったら、キッチリとこの借りは返します。
[PR]
by maadienne | 2005-10-23 01:08 | サウジアメリカ

ベドウイングッズの店「デザートウルフ」

b0038735_2353520.jpg

前から行きたいと思ってて、場所も電話番号も知らずにいたのに、
何故か夫が場所を知っていて、急に行こうと言い出して行って来たのでした。
だったらもっと早く連れて行けよ!と思ってしまう。

シンプルながら、砂漠ライフに役立ちそうなモノがいっぱい!
それに、お店のロゴのシールが妙にかっこ良くて、
シールばっかり買い込んでしまったのでした(もうほとんどのグッズは持ってるし…)。

店のオーナーらしきオヤジさんは英語もバッチリ、
いろいろ話に行くだけでも面白いかも。
クウェイティスークの北のはじっこ、オライヤ通りに近い場所にあります。
なんかすっごいローカルな話…。
[PR]
by maadienne | 2005-10-22 02:37 | オフロード狂奏曲

新来者とプラドを試す/ 2005年10月21日(金)

b0038735_234759.jpg

【エスカープメント】
04年製のプラド2台とジープ、計3台6人というベストなグループ。
リヤド着任後まだ数週間、先週車を手に入れたばかりというお隣さんを誘って、
一番近くて感動の大きいトゥウェイク・エスカープメントへ。
むか〜し、ラクダのキャラバンが通ったという小径を探しつつ進んだ。
何度来ても良いなあと思う。
ウチからわずか30分でこんな景色に出会えてしまうんだから、まったく得しているわ、私たち。
ギャロッパーがまだ手術入院中で、今日はウチも借りて来たプラドに乗る。
車体が重そう。ボディがしっかりしているし、ドアが重い…。
オートマチックだけど、パワーも抜群。
ギャロッパーに乗り慣れてると、なんだか物足りない気がするからおかしなものだ。
高速道路は騒音も聞こえずスムーズな走り。砂漠でエアコンを効かせても平気、
音楽もバッチリだし、石ころばかりのオフロードを難なくこなせてしまうなんて、
四駆でチャレンジっていう感じじゃないのよね。
いつもなら、エアコン付けると馬力が下がる…とか夫に言われて窓明けて、
埃だらけになりながらの走行だもの。
ギャロッパーは何度もジャンプしてるもんだから、立て付けが悪くって
ドアがガタガタなったりしてさ。
プラドは頼もしいけど、ラグジェリアス過ぎるんだな。

今日は風も無く穏やかで、珍しく崖っぷちでランチ。
今日はムスリムもいないし、遠慮なく断食を破る。

帰り際、初めて展望台からメッカ・ハイウエイをのぞいてみた。
こんな切り出しの道路を建設するのは、さぞかし大変だったろうと思う。

b0038735_2371714.jpg


そしてもう一つの初めて、Zと一緒に写真撮影。こんなところに日本のスポーツカーが捨てられていて良いのか!と一瞬思う。
夫は故郷に置いて来た自分のZが気になるらしい。

さて、同行の2台は楽しんでくれたのか、ちょっと気がかり。
いつも私ばっかり喜んでる気がする…。
帰り際、無線機も回収、じゃさよなら〜って、どんどんスピードを上げて高速道路を突っ走ったけど、よくよく考えたらお隣さんは初めて居住地から出たんだった! 
購入後、最初の1000kmは時速100km以上は出せないってマニュアルに書いてあったそうな。
ごめ〜ん、ちゃんと連れて帰ってあげないとね。

b0038735_2362884.jpg

[PR]
by maadienne | 2005-10-22 02:33 | Hijaze-vous?

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー