「ほっ」と。キャンペーン

Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今日でもボクラ(明日)/ 2005年12月30日(金)

【グラフィティーロック2】
b0038735_21333176.jpg

本日はお日柄もよろしく、絶好の沙漠日和でございます。
この数日、薄ら寒くて震えていたけど、今日は朝からカラっと晴れて風もなく、暖かくて良い感じ。こんなに年の瀬が迫っても、余裕で沙漠に行けるのがリヤド暮らしの特徴だね。

参加者は総勢13人4台。
オフロード超初心者のドライバー3人、夫はオフロードツアー引率歴ももうそろそろ3年、ちょっとドキドキの私をモノともしない。さすがはオフロードクラブの役員さんでございますっ! 
今日のルーティングはまたまたレイクカララ方面からのアプローチ。舗装道路の走行をなるべく少なくして、しかも砂丘カットビは極力減らしている。今シーズンはボクラデューンに取り憑かれているのか?と思う程何度も行ってるけど、私はこのルートが一番魅力的だと思う。

それでも数カ所は峠越えかと思うような大きな砂の山を越えなくてはならない。
結局4台ともがタイヤの空気圧を減らして進んだ。押したり、引いたり、サンドラダーを使ったり、なんだか意識せずともトレーニングデーみたいになっちゃった。
こないだ直したばかりなのに、ギャロッパーのクラッチがまた匂って、私は内心すーっごーく心配した。リーダーなのに他車にけん引されてリヤドに戻るなんてかなり恥ずかしいもんね。

それにしてもボクラデューン、こんなに砂丘の風景が広がっているのに、誰もいない。ラクダとシェパード(ラクダ追い)、ダブ(イグアナみたいなヤツ)くらいなものだ。リヤドから1時間足らずの距離なのに、オフロード装備・知識がないだけでこんなステキな風景を見逃すのはもったいない。
そうそう、今日は生まれたばかりのヤギを発見! そーかぁ、ラクダもヤギも立ったまま出産するんだ〜という場面だった。野ッ原でいきなり生んでしまうってのはスゴイ。母ヤギは黒、子ヤギは白、皆は気がついたかな? 

b0038735_21352574.jpg


お昼にはグラフィティロック2に到達する予定でいたけど、すったもんだで到着は2時頃。皆頑張ったね! お腹ぺこぺこだよ〜。なのに子ども達は元気に岩登り。あちらこちらにイタズラ書きみたいな岩壁画があって楽しめる。BBQまで始まって、何とも楽しい僕ら(ボクラ)だ。
陽が傾くまでおしゃべり、夫は食べ過ぎで眠くなり(注:美味しいモノを与えすぎないでください)、帰りの田舎道は私が運転。夕焼けに染まる岩山を見ながらの帰路だった。途中、バギーやらピクニック客で賑わい、すっごく混んでる赤い砂丘あたりを通過、同じ沙漠でもこんなに景色が違うのかと思う。
戻りはきっかり2時間、心地よい疲労感を伴って帰宅したのだった。
今年の沙漠納めにふさわしい。

前日までにルートの詳細を決めて、ウエイポイントを入力、時間計算もして走行予定マップを作っていた。本当のところ、当日の朝皆が集合してから「小さい子がいるから舗装道路で行こう」と夫に提案したのだが、そんなのは一瞬にして却下されてしまった。男が一旦決めたら、やり通さねばならぬのだぁ〜というマッチョ精神、大丈夫かぁ…と不安も最大級。結果的には皆さん喜んで頂けたようで、安堵致しました! 
だけど今回の参加者の皆、正直なところちょっと後悔してるんじゃないのかしらん。
「グラフィティロック2が見たかっただけなのに、Tさんと行くともれなく超激しいオフロード体験が付いて来るのよね…」な〜んてね。お疲れさまでした。
b0038735_21341039.jpg

[PR]
by maadienne | 2005-12-31 16:44 | Hijaze-vous?

リヤドの街角

b0038735_13545238.jpg

最近お写真撮りまくっていますが、
人の視線がいっぱい集まる街角風景はなかなか微妙です。

たまたま車を止めた時、こんなん撮りました。
超高層ビルもあったりして、リヤドは結構都会です。
人口は約2百万人、名古屋市と同じくらいのサイズでしょうか。
ここも白い街です。
[PR]
by maadienne | 2005-12-29 13:59 | サウジアメリカ

チュニジアバザー2005

b0038735_526571.jpg

先週末、沙漠の帰りにふっと見つけて思わず行って来ました!
チュニジア大使館のバザー。
チュニスにある旧市街、メディーナのスークにあるようなモノを期待していたのだけど、
陶器と食料品が中心でした。
それでもこれは、チュニジア・プロモーション企画。
たくさんのサウジ人をチュニジアへ観光に呼び込むためのものでしょう。

入場券がそのままラッフルチケットで、商品はチュニス航空券!
絶対当たりたかったのに、抽選会が予定時間より早くて、
会場へ戻った時には既に抽選終了。
当たり損ねてしまいました(負け惜しみ〜)。

それにしても、ウチから歩いて5分なのに、3年もリヤドに住んでるのに、どーして今迄気がつかなかったのかしらん。
[PR]
by maadienne | 2005-12-28 05:25 | アラビアン de ないと

退屈しのぎの沙漠でムチウチ…/ 2005年12月26日(月)

【ボクラデューン】

b0038735_1555588.jpg

家に居てもすることない!とか勝手に決めつけて、夫がまたまた急に行くことにしてしまった突発的沙漠ツアー。
本日は総勢2台4人。朝目覚めたら雨降ってるのに、それでも行くの?と問うたらば、「いつもと違う風景が見られるでしょ」。
 ……。
b0038735_15555317.jpg

風は強かったものの、お天気は持ち直してまずまず。
いつも通りのボクラデューンかと思いきや、今日は初めて砂丘で恐怖を味わった。
このボクラデューン、リヤドから近いお手軽沙漠体験にはちょうど良いのだけど、
実は実はボウルが小さめで深い、即ち勾配が急なのだ。
砂の山は高く嶮しく、トレーニングには持ってこいだけど、上級者でも油断は禁物という奥の深さ。Yの字状に砂丘地域が合流している地点に差し掛かって、見渡す限りの砂の丘は、まるで大海のよう。今日みたいに風の強い時は、自分の足跡や車のわだちもすぐに砂にかき消されてしまう。GPSがあるから良いけど、沙漠の幅たった5kmというようなボクラデューンでも、迷ったらどーなる…という恐怖でいっぱいになった。
遠回りにはなるけど、さっさとベドウインロードを行けばすぐにグラフィティロック2に行き着けるのに、ひたすら直線で砂丘を超えて行きたい夫は、とんがり砂丘をビューンと加速、また飛んでしまった…。今回は飛んだ後も急勾配の下りで、私はむち打ち。首から肩までが痛い! 
そんな私を横目に、どーしても砂地から到達したい夫、あと2kmという地点で激しくスタック。けん引ロープ、エアージャッキを試してもダメで、皆して車下の砂を掘った。
やれやれ。

お車たった2台きり、しかも1台はほぼ初心者で、何かあったらどーすんの…という心配性の私は行かない方が良かったツアーだ。コノー!
b0038735_15563965.jpg

[PR]
by maadienne | 2005-12-27 15:57 | Hijaze-vous?

撮るべきか、撮らざるべきか…

b0038735_520177.jpg

ある日の新聞。
街で写真撮影をして投獄された人の話が乗っていて、今更ながらサウジでは公共の場での写真撮影禁止というのを思い出させてくれる。

じゃあー、なんで〜皆カメラ付き携帯持ってるの?
どーして、電気店にデジカメやビデオが売られているの?
と不思議で仕方がないけど、ご家庭ユーズには差し障りがない訳です。

でも、さすがに一眼レフカメラは日本のように人気ではありません。
やっぱり隠し撮りがし易い(?)機種が売れ筋みたい…。
そういうワタクシも、手のひらサイズを愛用です。うっふっふ。
[PR]
by maadienne | 2005-12-27 05:17 | サウジアメリカ

アクアのお味

b0038735_058594.jpg

最近、妙に拙宅の水道水が臭うのです。
特にフィルターを通した水はマジ臭くて飲めない…。

それで、今は冬だというのに、こういうタンクに入った水をスーパーで買って来て飲んだり調理に使ったり。
いつもなら、この水タンクが活躍するのは夏場のみ。
何しろ、ホットとクールの2つ蛇口が付いているから、冷蔵庫を開けなくてもさっと冷水がコップに注げてしまうのだよ。便利、便利。

それにしても、水買いに行くのも車で遠くのスーパー迄出かけなくちゃいけないなんて、
難儀なこっちゃ…。
[PR]
by maadienne | 2005-12-26 01:04 | 閑人的日常生活

クリスマス・アウティング/ 2005年12月22日(木)23日(金)

【ワーディ・アウサット】
b0038735_4593024.jpg

いつもいつもいつも、前日まで「行こッかやめよっか、考え中〜」のウチの夫、今回も水曜の夜になって担当者に「やっぱ行くから」連絡をして参加することになった。
木曜の午後イチの集合で、赤い沙漠のお隣にあるワーディへキャンプへ行って来た。
総勢11台26人。

一体誰が見つけるんだろうと思うようなヒッソリした谷へ、言ってみればオフロードクラブの忘年会って訳。でも皆、先祖代々からの筋金入りクリスチャンだから、なんかヒミツの会合みたいな気がして、去年も一昨年もリヤド居残りしつつ今年初めての参加だったのよね。
七面鳥とデザートをクラブの会費から捻出しているから、晩ご飯は持参しなくても良かったのに〜! 直前参加表明なんかして詳細を知らないまま参加した私たちは、ご丁寧にもタミミで串刺しチキンとマトンを買っていたのだった。
生肉だから食べない訳にはいかないし、全く急にいろんなことを決めるとバカをみるという良い見本だ。
初めて「ヒバチ」を使えて夫はご満悦だが、ターキー食べたいなぁ…と横目で皆を見ている私。こういう時に限って、たくさんは食べられないのよね。
食後はギターの生演奏で夜遅く迄クリスマスキャロルを歌い、夜更ししたのだった。

b0038735_501281.jpg


翌朝もいつものキャンプみたいに急ぐこともなく、ゆっくりと朝ご飯を取り、ゆっくりと片付け、子ども達は遊びに興じている。
オフロードクラブ会員の人たち、子どもが大きいと単身赴任または夫婦だけというのが圧倒的。クリスマスや夏休み、イードなどの特別な時期だけ家族が集まれるという貴重な機会でもある。本国から子どもや奥方を呼び寄せてのクリスマスキャンプ、そりゃあ熱がこもるってもんでしょうね。
皆まだまだ遊び足りたいっていう感じで、どっか行こうよ〜リクエストが夫に飛んで来るけど、恐ろしくたくさんの荷物と子ども達を乗せている車で、ちょっとオフロードはご遠慮でございます。

という訳で、さあ帰ろうと思ったら、どこをどう間違ったのか1台が砂丘で立ち往生している。たまたま副リーダーが気がついたから良かったものの、知らずに通り過ぎてしまっていたらどーなってたんだろう…。あんな所、滅多にベドウインも通らないのに。
夫と副リーダーが速攻で救出に。左後輪が深く沈んでいる。取りあえずタイヤ周りを掘って、皆で押したらあっけなく脱出。
来なくても良いのに、GMCのユーコンまで来ちゃって、案の定帰りにスタック。これじゃあまるでミイラ取りがミイラ状態じゃないっすか〜。
だからー、日本車(ランドクルーザーとパトロールに限る)以外は助けに来なくても良いから!と叫びたい一瞬だ。
とにかく、どちらも何とか砂から脱出、バンジーコード持って来てなかったからホントにほっとした。
ちょっとそこまで…と思っても沙漠は沙漠。油断は禁物だわ〜。

b0038735_505618.jpg

[PR]
by maadienne | 2005-12-25 04:58 | Hijaze-vous?

「家」が新装開店でございます

b0038735_2359941.jpg

随分前から気になっていた店。
通りから窓に「家」っていうのが見える以外にヒントなし。

一昨日あたりの英字新聞に広告が出ていて、納得。
麺の専門店なんですって。
日本のラーメンもあるのかしらん。

来週あたり、偵察に行って来なくては!
私の先を越したい方、ユーロマルシェの交差点、キングダムタワー方面の南角です〜。
[PR]
by maadienne | 2005-12-24 00:05 | 閑人的日常生活

雀卓が置けそう…

b0038735_2236917.jpg

しばらく前に、テロリスト御用達と言われた車、サバーバン。
一昔前のモデルは本当に大きくて、
きっと東京あたりの下町の道幅より、車幅の方が広いと私は思う!

高速道路で隣に並んだりすると、
「これだけ広いとコタツが置けるよね〜」
「マージャンができる!」
とか思ってしまうほど、後部が広い!

お子ちゃまが多かったり、奥方の数が複数だったりするご家庭には最適なサイズ???
[PR]
by maadienne | 2005-12-22 00:01 | サウジアメリカ

ラクダ肉でございます

b0038735_2059598.jpg

結構どこのスーパーにもあったりするラクダ肉です。

お味は個体によってまちまちらしいですが、以前ミートソースに入れるべく
ミンチを使いました。食べた夫によれば、
「え? そーなの? 知りませんでした」
というお味ですって。
もっとも、ウチのミートソースはとっても辛いので、あまり肉の味はしないかも。
[PR]
by maadienne | 2005-12-21 00:01 | サウジアメリカ

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー