「ほっ」と。キャンペーン

Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

交通事故

b0038735_2234932.jpg

オフロードの行き帰り、高速道路で「どーするとこんな風にひっくり返るんだろう?」
という場面に、たびたび出くわす。

大型車なのに急に曲がるから?
他車にぶつかりそうになって急ハンドルをきるから?

遠征旅行に出ると、2つ3つは事故現場を通ることになる。
人が地面に置かれていたけど、蝋人形みたいに真っ白だった…とか、
顔に布が巻いてあった…とか、
同行者はいろいろ見てるのに、私は車ばかり見ていて犠牲者を見ることがない。

いずれにしても大惨事という場面、亡くなった人の冥福を祈るばかりだが、
巻き込まれなくてホントに良かった。
[PR]
by maadienne | 2006-01-31 02:23 | サウジアメリカ

バーレーンの猫

b0038735_222441.jpg

お散歩しいていたコルニーシュにいた猫。
子持ちです。

マナーマはウオーターフロントの開発が凄まじくて、この子たちもそのうちどこかへ
移動しなくてはいけなくなるのでしょう…。
[PR]
by maadienne | 2006-01-30 02:21 | 旅の其方

固形燃料

b0038735_2204291.jpg

この白い物体は、きっとラクダさんのウXチ(ヤギか羊かもしれないけど)。
長らく沙漠にほっぽってあると、こんなに白くカラカラに乾いてしまうのよね。

そして、よく燃える!
新聞紙とか最初に火をつける紙を忘れた時に、重宝します。
[PR]
by maadienne | 2006-01-29 02:20 | オフロード狂奏曲

やっぱり呪われてる!?あの沙漠/ 2006年1月26日(木)〜27(金)

【グラネット・フィールド西】
久しぶりのリヤド近郊キャンプツアーは、ほぼ一ヵ月ぶり。急に夏が来たのか?という暑さぶり返しでしんどい旅だったぁ。またまた事故発生、やっぱりあの沙漠は何か呪いがかかっているのかも…。

b0038735_29387.jpg


本日の参加は、10台17人。単身で参加している人が3人もいた(それなら誰か、車を持たない会員を誘ってあげればいいのにさー!)。
今回の道順は、そんなに難しそうなモノでもなかったけど、さすがに10台は多すぎだ。
高速道路をコンボイすれば目立つし、誰かを見失っても「誰だっけ?」状態になるし、いっそのこと2グループに分ければ良いのに…と思いつつ、初心者リーダーの采配には口出しせず見守るのみ。
チェックポイントで集合、2時間近くひたすら西へ走る。
給油後高速を出て田舎道へ左折、オフロードへ。たまたまあったガソリンスタンドでリーダーだけ再度給油することに(タンクが小さいから)。
枯れ川を抜けようとするも、ベドウイン宅のフエンスが行く手を阻む、入った谷が行き止まりなどなど、結局迂回することに。
衛星写真で見るのと行ってみるのとでは随分様子が違うものだ。
いろんな景色の中を走り過ぎてるはずなのに、妙につまんない。超退屈。どーしてだろう?

ようやくお目当ての砂丘に到達するも、日暮れの時間が近いのでそのままキャンプすることに。10台もいると、場所取りが難儀だ。いつだって早いもの勝ち。とっとと平坦なスポットを見つけて荷物を下ろすべし。
そう寒くもなかったけど、火をおこしてキャンプファイヤー。ベドウインコート持参者も多い。
今日のメニューはレトルトインドカレー。美味しい! 
Mが隣に陣取って、さっさとフェルフェラを食べ終えてシーシャ(水パイプ)を吸い始める。私にも勧めてくれるけど、シーシャ回し飲みって、ビョーキ感染の元だよね(結核とかさ〜…)。
2日前にRの誕生日だったので、食後に夫が皆にアナウンスして私がプレゼントを渡す。
一体幾つになったんだろう…。

b0038735_282051.jpg


さて、翌日。
このところ急に陽気が良くなって砂の温度が上がったためか(砂が柔らかくなる)、何故か砂丘で皆が順繰りでスタック。とうとう午前中のほとんどを砂遊びで過ごしてしまった。
押したり、掘ったり、走ったり、忙しいったらありゃしない。ハマってるヤツの同乗者、あんたも手伝えよ!って感じ。珍しく、昼前にお腹ペコペコになってしまった。
皆、手際が悪いな…と思っていたら案の定、1台がスタックして立ち往生していた車に激突してしまった。ぶつけられたランドクルーザーはほぼ無傷なのに、ぶつかったランドローバーは左後方の窓ガラスが砕け散り、フレームがグニャッ! 
テールランプが落っこちそうなので、早速ダックテープで留めてあげた。もうハラースにしたくても、この砂山を越えないと平地に出られない…そんなジレンマとすったもんだの末、やっとこさで沙丘抜け終了。
タイヤに空気を入れて岩壁画の谷へ寄り道してランチすることに。
もう激疲れの私は、壁画なんか無視でひたすら木陰で休息するのみ。もうこの谷へは何度も来ているし、カメラがパーだから写真も撮れない。動き回るだけ体力消耗して脱水するだけじゃーん!と思うとムカついて来る。
ランチ後は、舗装道路に向けて一直線。岩山の谷は砂地のワーディで走りにくい。
午後3時半、対面通行の田舎道ながらターマックを見つけてほっとする。後はリヤドを目指すのみだ。またまたガス欠のランプがつく直前に、ガソリンスタンドへ滑り込み給油。ったく、アブナイ橋を渡るのが好きなヤツをドライバーにするとドキドキが倍増するよ。コノー! 
6時半帰宅。あたりはもう暗い。せめて日没前には帰りたいよね…。

今回の参加車10台のうち、要注意の3台は非日本車(含、拙宅のギャロッパー)。TOYOTA車が大半を占めている。これじゃあやっぱりクラブの名前、変えた方が良いと思うなあ。「リヤド・ランドクルーザー・レジスター」なんてね。
北部ツアーの後でまだ長旅の余韻を引きずっているのか、なにげにつまらなくて往生しましたツアーだった…。
b0038735_273915.jpg

[PR]
by maadienne | 2006-01-28 20:17 | Hijaze-vous?

おまわりさん

b0038735_2191040.jpg

ハイルでパーソナル・ナビゲーターとして活躍してくれた、地元警察のオヤジさん。

前から見ると分からないけど、斜め後ろから見ると、こんな飛び道具を持っていた…。

いろいろなVIPがお出ましになる大使館の催しなどにも、こういった出で立ちのオヤジが群れになってウロウロしていたりします。
でも、ホントに弾入ってます?

一昨年行ったディサツアーの時は、オヤジさんが持ってる拳銃の口径と、弾入れに刺してあった弾丸の大きさが違ってましたよ〜。
[PR]
by maadienne | 2006-01-26 02:18 | サウジアメリカ

馬のことはもう忘れた?

b0038735_216921.jpg

このところ、夫はとんと馬のことを話題にしない。
故意にそうしているのかな?

去年10月でディラブ・カントリークラブの乗馬会員の期限が切れて以来、一度も馬の話はしていない。
乗馬より、オフロードに忙しくてそれどころではないっていうのもあるんだけどね。

暑くなる前に、また根性入れて近場のクラブで短期集中レッスンを受けた方が良いかも。
何キロか体重が落とせるかもしれないし、運動不足も一挙解決できる…はず。

写真は、アルウラのエレファントロックにて。急に馬に乗った人が表れて、一周トラックを回り走り去って行った。カッコイイ…。
[PR]
by maadienne | 2006-01-25 02:16 | 馬事西風

光り物専門店を発見!

b0038735_2024568.jpg

これ、ボヘミアン・グラスの専門店です。
高いんだろうなあ…と思っていたのに、日本のクリスタル製品や切子と比べると、一個分で1ダースが買えてしまえるお値段にびっくり!

買おっかやめよっか、考え中…。
[PR]
by maadienne | 2006-01-24 21:41 | 閑人的日常生活

ヒジャーズ鉄道の博物館

b0038735_19571873.jpg

が4ヵ月ほど前にメディーナに開館していたんだそうです。
え〜っ! 知ってたら行ったのに…と反応してしまった私ですが、
メディーナにあるっていうことは、イスラム教の信者でないと行かれないって訳です。

う〜ん、残念。いっそ信仰告白してしまおうか…。
[PR]
by maadienne | 2006-01-23 18:43 | オフロード狂奏曲

出張の行き先

b0038735_15191820.jpg

何だか不思議なメールが夫から届いて、出張に行くらしいのは分かったのだけど、
どこへ行くのかが書かれていない…。
当日飛行場で切符を渡されるとか???
そんなテレビのクイズ番組じゃあるまいし、ねえ。

内心、カイロだったら良いなあと思ってたりする私です。
まだまだ買いたいもの、行きたいところ、撮りたい写真がたくさんあるし。
この時計、カイロ時代にマッサラーマで友人からもらったものですが、
あまりステキなので、去年カイロに行った時、別の友人へのお土産に買いました。
良いでしょう?
[PR]
by maadienne | 2006-01-22 15:25 | アラビアン de ないと

買って良かったモノ

b0038735_4115392.jpg

今回の遠征旅行で大活躍してくれたモノのひとつに、このメモリーカードがある。
カメラを買い替えた直後、大容量メモリーカードの必要性をヒシヒシと感じて、
たっかいな〜…と思いつつも買ってしまった。

撮りたいだけ撮っても、まだまだ!という頼もしさ。
毎日PCにダウンロードしてもらったけれど、容量が大きいとカードの交換も不要。
大感激でした。
[PR]
by maadienne | 2006-01-21 04:15 | オフロード狂奏曲

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28