「ほっ」と。キャンペーン

Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

つなぎ目が肝心

b0038735_16141760.jpg

これ、Dさんの製作によるサンドラダーの代用品。
サコ・ワールドに売ってるプラスティックのプレートを何枚か自分で繋いでみた、とのこと。
小さく折り畳めて、車の中で場所をとらなくていいです。

ちゃんと砂から脱出させてくれたし、使い勝手は良いです。
ただ、繋いでいたビニールロープが切れました(日本だと洗濯物とか干すのに使うアレです)。
何かもっと、強度の高いヒモを使った方が良いですけど、なにが良いかな…。

これからサンドラダーを買おうと思っている人、沙漠でめちゃくちゃ走ろう…とか思ってないならこれで十分かも。
[PR]
by maadienne | 2006-08-31 16:21 | オフロード狂奏曲

夏休みはいつ…

b0038735_4461847.jpg

そろそろ日本では夏も終わる頃でしょうか。
北半球の気温も、何とか落ち着きつつある今日この頃…かな?
リヤドも明け方は30度くらいまで気温が下がるようになりました。…たぶん。
そんな時間は起きてないのでワカリマセン。

夫の職場はいつも、夏の間が繁忙期。
5月から今月半ばまで、臨時の職員を10人も雇っていました。
それも、若くて美しいアラブ人女性ばかりです(あ、ひとりだけ、若くて美しいアラブ人男性もいた)。
元々Tちゃんのハーレム状態だったうえに、人数増加で大ハーレム!
「アンタね〜、顔で採用したでしょう」
という、揃いも揃って美形ばかりいたんですから、怒れます。

んーな話は置いといて、そろそろ夏休みを取れば?という頃なんですが、
ここに来てまた急に忙しくなってきたのだそうです。先週は超ヒマって言っていたのに。
なんで?

私はまだモルジブに行くのを諦めていなくて、水着をそっと出してみたのですが、
体重計にのってビックリ!
いくら何でももうビキニはちょっと…。
そんな勇気はもうないです。

挫いた右足首もそろそろ完治しそうだし、マジ入れてエクササイズしないとイケマセン。
[PR]
by maadienne | 2006-08-30 04:56 | 閑人的日常生活

チョコレートフォンデュー・ファウンテン

b0038735_14321958.jpg

なくても困らないけど、あると楽しいかもしれないという典型でしょうか、これ。
似たようなものに、日本の卓上流しそうめんってなマシンがありますね。

作動していないこのままだと、「何ですか、これは?」状態ですが、チョコが流れていると
あ〜、なるほどね〜と思えます(左側にある箱の写真を参照)。
リヤドでは、ファイサリヤタワーにある「グローブ」レストランが、これの大型のを使っています。

欲しいかた、サコ・ワールドのレジ近くに積んでありましたが、まだあるかな…。
[PR]
by maadienne | 2006-08-29 14:41 | 閑人的日常生活

郵便の戸別配達開始!?

b0038735_334498.jpg

今月はじめ、いきなりインターフォンで、
「*zx&%$#~ !"#'&*+x¥=#'&?*>」
とか言われて、
「え?、え?」(←アラビア語で「なに?」の意)
と答えていたらいつの間にか写真の郵便受がウチの外壁にかかっていたのでした。

この国では郵便はずっと、私書箱制度。
しばらく前に配達制度が始まったとは聞いていたし、集合住宅の入り口とか、小さいのを見ていたりはしましたが、まさかいきなり拙宅にも取り付けられるとは、オドロキました。
だって、郵便受って、郵便を受け取る側が用意するものじゃないですか〜。

沙漠に住んでる遊牧民にも配達するのかな?
とか、
時々移動してるのに、どーやって受け取るんだろう?
などなど、謎は尽きません。

なんか嬉しくてドキドキしてしまったのですが、沙漠の旅から戻ったら、きれいさっぱり取り去られていました。ガッカリ。夫の職場のシワザです。
「こんなに大きいと、爆弾とか入れられるかも」
という安全上の理由からとのこと。
ま、もっともなご説明ですな。
配達制度が始まっても、相変わらず郵便は全て今まで通り私書箱ですって。
テロの頻発している国ですからねえ。それも仕方がないのでしょう。

ところで、上にある数字のプレートも一緒に付けていってくれたのですが、これはGPSのコーディングなのだそうです。
やる〜!
[PR]
by maadienne | 2006-08-28 03:55 | サウジアメリカ

イライラ解消! キャンプ用簡易ベッド

b0038735_18131599.jpg

北米で簡易マットレスをゲットして以来、一件落着だと思っていた私ですが、冬は空気が入らず、夏は小さくロールアップできない。そして穴の修理がこれまた大変、という代物でした(まあ、何でも一長一短ということでしょうけど…)。
何しろ重くて場所を取るのが頭痛の種。

それで、ある日売り場で見つけた瞬間、
「あ、これよ〜、これこれ!」
と思った感動の簡易蛇腹式折りたたみベッド。再びの出会いで買ってしまいました。
ピクニック用のイスより一回り大きいだけというコンパクトなもの。
原理もピクニック用のイスと同じ、広げるのも畳むのもうるとら簡単なのです。
ハイパーパンダとジェアンにあります。
50リアル(約1500円)。
これは安いです。
あまりに安いので、すぐに壊れるかも…と一瞬買うのをためらうほどですが、巨漢のRも既に使っているので、安心して買い求めました(これ、本人には内緒ですよ!)。
[PR]
by maadienne | 2006-08-27 18:12 | オフロード狂奏曲

またまたキツネと化石の旅/ 2006年8月25日(金)

【フレイミラ・ワーディ】

そしてまた、早朝出発。
7時半に集合っていうのは、とても中途半端な時間だとつくづく思う……。

本日は4台6人。修理から直ったばかりのパスファインダーと、マニュアル四駆のギャロッパー、そしてライバル同士のサファリが2台。
お手軽オフロード沙漠ツアーってことで、久しぶりにフレイミラ・ワーディへ行こうと、突然前日の夜決める。ちらっと私が提案しただけなのに、皆、自分で考えてよー。
舗装道路から外れて、タイタニック岩を遠くに見る。皆は写真を撮るのに忙しいけど、マニュアルで四駆にしなくてはいけない白い2ドアのギャロッパー君は、せっせと前輪に器具を取り付ける。健気だ。

b0038735_1875739.jpg

30分も行かないうちに、化石の谷に到着。まだ9時だよ…。
このポイントは、なぜかぼこぼこと貝の化石がいっぱい落ちている。巻貝、二枚貝、大小さまざま。一番多いのは、珊瑚の化石。イソギンチャクみたいなツブツブがいっぱいついてたりして面白い。化石を含んだ砂の層にアスベストのような繊維質の薄い層が挟まっていたりする。
そして、まるで泥がそのまま岩に変身してしまったような断層もある。
その道の人たちにはたまらない所なんだろうねえ。私たちにはサッパリわっかりませーん。
小一時間谷を歩いても、まだ昼飯には早過ぎる。

ブランチして帰るのかと思ったのに、いきなり「あの坂を上ってみたい」だって。
うーん、あれに挑戦できるのは、今日は2台だけしかないと思うけど。
で、結局サファリ2台が挑戦したのだが、2台とも無理だった。どっちが上まで行けたのか、男っていうのは何でも勝負しないと気が済まないらしい。無駄なエネルギーだ。

近道を探して、小高い土漠の丘を縫うようにワーディに入って行くのだが、どの谷も行き止まり。
仕方なく、ワーディに沿って枯れ川の下へ進むことに。まるで沙漠のハイウエー状態、結構早く走れるのが魅力だ。
ちょうど良い木陰を見つけてやっと昼にする。1本の木から得る木陰っていうのは、せいぜい5〜6人が限界。となると、車も3〜4台ということで、今日あたりの参加人数が一番良いのよね。タープやガジーボを広げる手間も要らないし。
暑いんだけど、妙に気持ちがいい。誰もいない。今日はベドウイントラックにさえ、1台もすれ違っていない。
いつまでもダベっていても…と重い腰を上げて帰り支度。

舗装道路まで最短で行けるように相変わらず真っ直ぐに進みたいらしい。それでも、とりあえずは枯れ川に沿って行く。
と、前をキョーレツな早さで横切るブッタイ…。
白・茶のまだらからファルカンだと思ったのに、なんとキツネ! 慌ててシャッターを切ったけど、写ったかな…。頼むから、車、止めてくれよ!
しばらく走ったら、今度は子ギツネ発見!  かなり近い。そしてなぜか、私たちの車と同じ方向に走るから、まるで並走状態。パニックしてしまったのかな?  可哀想に。
それにしても、2週続きで日に2匹もキツネに出会うなんて、スゴいぜ〜。キツネは夏に活動的になる動物だったの? 

ようやくトルコの要塞、井戸のある場所に出るのだが、今回は見学なしで帰路につく。
舗装道路まで数キロという地点で、遠くに竜巻が幾筋も上がっているのが見える。
と、雨…。
8月にリヤドで雨が降るなんて、異常気象かも。
なかなかレアな沙漠体験が続く、リヤドの夏だ。

b0038735_1891346.jpg

[PR]
by maadienne | 2006-08-26 20:07 | Hijaze-vous?

エジプトの香水瓶

b0038735_2324962.jpg

これはエジプト製に違いないのですが、サウジっていう雰囲気がぷんぷんして勝手にマイブームしています。
ディラースークのオヤジさんはなかなか値段交渉に応じてくれません。
ハーン・ハリーリで買ったらいくらなんでしょうか。

この香水瓶に赤い沙漠の砂をちょこっと入れてお土産にすると最高だな〜と思うのですが、
残念ながらまだ持ち帰ったことがありません。
たまには日本にも帰らないと…。
[PR]
by maadienne | 2006-08-24 23:03 | アラビアン de ないと

これが火鉢???

b0038735_23174940.jpg

確かに、ヒバチって書いてあります。

オフロードのキャンプの夜など、これでBBQをする人も多いのですが、
これをヒバチと呼ぶのに、ものすごーーーーーーっく違和感があるのは
私だけでしょうか…。
[PR]
by maadienne | 2006-08-23 23:21 | オフロード狂奏曲

繋がりません…

本日8月22日(火)、朝からネットに繋がりません。
一時間ごとに挑戦、まだ繋がりません。

昼前にオットに電話して、サーバーであるオルビットへ連絡してもらったらば(男の方が説得力があるので)、

「お天気の加減で、衛星に繋がりにくい状態になっている」

とのこと。

え〜っ! 今日は朝からピーカンですよ〜。

ひょっとして、通信衛星くんってば、軌道を外れて飛んで行ってしまったんじゃないのおお〜。
火星方面とか…。

急ぎで仕上げる仕事があって久しぶりに電話回線で繋いでいますが、遅い、遅い。
オルビットさん、電話料金払ってよね!
[PR]
by maadienne | 2006-08-22 20:43 | サウジアメリカ

カルティエが出店

b0038735_20282158.jpg

今、私が一番気になっているこの建物、完成間近なはずですが、まだかな、まだかなぁ。

リヤドの中心地、オライヤ通りのちょうど中間あたりです。
カルティエが入るって、大きな看板が出ています。
いつもお値段チェックだけするカルティエですが、

「赴任に付いて来てあげて、すごく頑張った自分へのご褒美」

を見つける場所としては最適かとも思います〜。

「一緒に来てくれてありがとう」
というオットからの感謝の気持ちはまた、別物ということで。
[PR]
by maadienne | 2006-08-21 20:27 | 閑人的日常生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー