「ほっ」と。キャンペーン

Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

イチ押しのインスタント珈琲

b0038735_13233121.jpg


途上国ではインスタントの珈琲が高級品だったりしますが、水の悪い地域では、下手にレギュラー珈琲を頼むよりもネスカフェの方が美味しかったりするのも事実。

Tちゃんなどは、珈琲といえばインスタントと刷り込みされているので、ほとんどレギュラーは飲みません。

そんな、味にうるさい(?)インスタントの鬼が、
「旨い!」
と唸った珈琲がこれ。

しばらく前にオフィス用に持たせたのですが、そんなに美味しいのならウチでも飲もう! と買って来ました。
ファイン(ベージュ)&リッチ(赤)・アロマ。やっぱり、リッチの方が香り高いみたい。
前は仏系スーパーでしか見かけませんでしたが、今はタミミにも置いてあります。うれしっ。
[PR]
by maadienne | 2006-11-30 13:22 | 閑人的日常生活

11月28日(火) 曇り時々雨、ところにより雷雨

b0038735_18411697.jpg


マジで寒いっす。
毛糸のセーターが要るかも。
あまりの寒さに、夫は帰宅するなり家中の空調をヒーターに切り替えました。
う〜、さぶいっ!

日中など、今日の気温は何度だろう…と、温度計を見るためにキッチンへ下りるのがイヤで(書斎は2階)、ブログに天気と日の出日の入りのページをリンクしてみました〜。
コンピュータに向かったまま、リヤドの気温がリアルタイムでわかります。
そんな怠け性だから痩せられないんぢゃ! とかTちゃんに言われそう…。

そうそう、外交団地区のチェックポイントも、どうやら今日からヒーターを使っています。
つい数週間前まで、日中はミストで霧を出して涼しくしていたのにね。
冬、来たる……。
[PR]
by maadienne | 2006-11-29 04:41 | 閑人的日常生活

この人たちは誰でしょう…

b0038735_18202988.jpg


ぢゃ〜ん。
ムタワです。
私は自分のブログのなかで宗教警察って言ってますが、正確には警察ではなくて、風紀取締り委員ってな感じ。
超保守的にイスラムの教えを人々に説くわけですね(って、「髪の毛隠して」とか女性に言って回ってるんですけど)。

正面から撮りたかったのに、鞄の中でカメラが迷子になって、結局後ろ姿になってしまいました。残念。
先日の物産展の時にご活躍だった方々です。

英語が恐ろしく流暢で、最近はこざっぱりとした若くて背の高いハンサムな人もいたりして、思わず「一緒にお写真撮ってもいいですか?」なんてミーハーなことを言ってしまいそうです。(爆)

注:本当に言ったらどーなるでしょうねえ。
一度言ってみたいですけどねえ(苦笑)。逮捕されるでしょうか。
[PR]
by maadienne | 2006-11-28 18:19 | サウジアメリカ

兄弟ですか?

b0038735_18174317.jpg
b0038735_1824117.jpg


すごく似てると思うんですけど、どうでしょうか?
上はジープ・チェロキー、下はハマーH3。

チェロキーは、トーキョーからカイロへ転勤になる直前に中古で買ったもの。
エジプトでは白沙漠&黒沙漠と大活躍でしたが、サウジではナフド沙漠をけん引されて横断、ヒジャーズ鉄道もけん引されて縦断という、悲しい過去があります。

H3は新車ですけど、どーでしょうねえ。
Tちゃんは「オフロードで使うため」に買ったので、思いっきり痛めつけられる運命でしょう。気の毒に。
[PR]
by maadienne | 2006-11-27 18:16 | 浜田参之介、参上!/H3

諸人こぞりて…

b0038735_14165115.jpg


欧米諸外国や日本では既に、クリスマス商戦に突入している頃でしょうか。

先日、近所のタミちゃんスーパーでこんなモノを見つけました。
お砂糖がいっぱいかかっていて、なかなか美味しいケーキです。
タミちゃんとこには毎年おいてあります。
生誕祝のデコレーション用ツリーに飾る電飾とかも売ってたりして。
意外なところで意外な品に出会えるのが面白いですね。
でも、通年置いてあったりして。

ちなみに、ミンツパイの材料とかもバッチリ揃います。
おまけに、ターキー焼いてくれるんですよ。
[PR]
by maadienne | 2006-11-26 14:22 | 閑人的日常生活

メイドンボヤージ in EQ/ 2006年11月23日(木)〜24日(金)

【ルブアルハーリ】

b0038735_18103991.jpg


新しい車を取りにいったその週末にEQ旅行…。おまけに、たった2台で行くなんて! 
ルブアルハーリはもう行かないと思ったのに、新車ハマーH3はこの先、持ち主に激しくいたぶられるという運命を象徴しているようなオフロード旅行だった。

第一日目:
雨が続いた後の週末、思いがけずピーカンに晴れて、オトコ達が予定した突発的EQ再訪ツアーに行かざるをえないフクザツな心境の私。
珍しくイケアを避けてカルフールで集合、カルジの街を抜けてひたすらハラッドを目指す。
久しぶりの沙漠のキャンプ、おまけに慣れない車だから、積みきれなくて忘れたものとか、単に入れ忘れとか、いろいろと不具合が起きていそうな私たち夫婦。テントペッグ…、砂嵐よけのネックスカーフ…、果てはカトラリーまで忘れてる(一体どーやって食べるんだよっ!)。

今回の旅は、舗装が無くなってもとりあえず「道」を進もうというマイルドなEQ(のはずだった)。止ん事無き理由で、最終日のキャンプ地へまた行きたいというリーダーに、
「絶対に1台で行ってはイケナイ!」
なんて、まるで夫が無理矢理同行することに決めたような道行なのだ。
う〜ん、理解に苦しむ。EQなんて、人生に一度っきりで良いよ〜という場所なのに。
一世一代、夫が新車で買ったベビーハマー、何しろ初めてのオフロードツアーで、私は緊張のしっぱなし。ガソリン1リッターあたりの走行距離も知らないし、タンクは90リッターのが1つしかついてないんだぜ。メイドンボヤージ(訳:処女航海)には最も相応しくないような場所を選んでしまった(ってゆーか、避けるよねえ。ふつー)。昼前に舗装道路の最終地点に到着、一瞬だけ記念撮影のために止まって、何の躊躇もなくガシガシと進む。

b0038735_1893986.jpg


ランチは途中のデューンの谷間。今頃の時期はタープで日よけを作る必要もなくて良い感じ。

3時前にキャンプ地到着、日暮れまでサウジダイヤを拾って来ようとしたら、なんとハマーがハマってしまった(さぶっ)。
なんでこんな激しい砂地でもないところでスタックするのさ? 信じられない。
で、タイヤの空気圧を下げる。まだダメ。
サンドラダーを使ってみる。それでもダメ。
完璧に車の腹が地面に届いてて、タイヤが空回りしてる。
ランクルに助けを求めたら、なんと向こうもスタックしてるし…。なぜだ? 
とりあえず先にランクルを救出して、それからけん引ロープでスルッと引っ張り出してもらったのだった。さすがはニッポンの車! 

颯爽と走り出す二台。途中20kmばかり、私も運転させてもらう。
ハンドルが軽くてかなり快適かも。
でも、死角が多くてかなり緊張する。後ろが見えないよーん。

ダイヤ拾いにはちょうど良い太陽の位置になってきた。
そう、今回の旅の目的その2はサウジダイヤ拾いだった。私の場合、日中炎天下に見つけるというトレーニングを、イヤというほどネフド沙漠で経験しているため、特に日没近くなくても発見可能。そんなことより、スケボーが要る! かがんで石っころを探すのは腰に悪いよ〜。スケボーでなければ、ガレージでメカニックが使うキャスター付きの作業ボードでも良いかな。

いよいよ日暮れが近くなって、キャンプ地に戻ったら夕陽がきれいだった。
テント設営はせず(ペッグ忘れたからできないんだけどさー)、いつも通りに折りたたみベッドを広げる。…と、ここでカーペットを持ってくるのを忘れているのに気づく。バカ…。(注:サソリや蛇を素足で踏む可能性あり)

テーブルとイスを出して、キャンプファイヤーの用意が出来たら、ケリーケトルの沙漠デビュー。やっぱり早く沸き上って、なかなか便利。でも、別にお湯要らないんだけどなぁ。

確か、ちょうどひと月前にもここにいたんだ、私たち。再来を喜び(誰がよ?)赤い特殊飲料で祝杯をあげ、つまみにあられを食べる。旨い!(←あられ)

そろそろお腹も空いて来たというので、晩飯作りを始める。本日のメニューはエンジェルパスタのチリソースがけ。サラダを持ってくるつもりだったけど、朝寝坊のため割愛。とりあえず、パスタは美味しそう。…と、ここでナイフ&フォークを忘れているのに気づく。バカ…。ランクルオーナーにスプーンを借りる。しょくらん。

さて、デザート。…と、ここで食後に食べようと思っていたドライフルーツ入りの甘いチーズを忘れたことに気づく。バカ…。

ひとしきりだべって、さあ片付けようと皿を洗い始める。…と、ここで食器用のタオルを忘れているのに気づく。バカ…。

バカバカしいからもう寝ることにしてしまう。
今回はムートン持参で寝袋はすっご〜く温かい。でも、頭が冷たいのはなぜ…? と、ここで帽子を忘れているのに気づく。あ、これは忘れたのではなく、はなっから要るとは思わなかったもの。念のため。仕方ないので、使わないけどなぜか鞄に入れている、巡礼用のタオルを1枚、頭に巻き付けてみた。あったか〜い!


第二日目:
タオルのお陰でぐっすり眠れて、寝起きすっきりの翌朝。急ぐ旅でもなし、明日の朝はのんびりしようとか言っていたリーダーなのに、なぜか皆日の出には起きてるし…。
うるとらゆっくりと朝食を取って片付けても、まるで判で押したように8時過ぎの出発。
間際まで決まらないでいたルートは結局、ライラ方面へ出ようということになった。ハマー君のガソリンはぎりぎりかな…というところだけど、ランクルは20リッターのジェリー缶を4つも持って来てるのだった。

途中、どーということもない砂地でハマーがスタック。同じ色の砂なのに、ある特定のスポットだけ砂が柔らかいのだ。これはトリッキー。イヤな砂だ。サンドラダーを使い、夫が押して私がハンドルを握る。何とか抜け出すことができた。ふぅ〜。

白い雪原のような大地を抜け、またまた黄色い砂のデューンが続く。と、思ったら、砂丘の向こうでタイヤがバウンスしているのが見えた。あれは確かに、ランクルがルーフラックに積んでいたものだ。なぜだ? 
うわっと思ったら、ランクルが地ベタに突っ込んでいた。ひえ〜。勘弁してよ。こんなところで車がお釈迦になったら、一体どーやってリヤドへ帰るのさ。2台で来て良かったよね、とマジで思ったけど、4台なら尚良というところか。クラブの仲間に黙って来るからこんな事になるんだよっ!と思いつつ、ココロにしまっておく。
飛び出したエアバッグを初めて見たしぃ〜。ランクルオーナーのメガネが吹っ飛び、同乗者もかなりショックを受けている様子。こういう時は慌てず騒がず、乗ってる人間にケガがないのを確認後、夫はぐるっと車のチェック。私は転がったタイヤを拾いに行く。
エンジンがかからない。でも、地面には何も漏れた形跡がないから、エンジン自体は無事らしい。
まず、車体の下に食い込んだバンパーをハマーで引っ張る。
それからフッドを開けてエンジンのチェック。突出してしまったライトをダクトテープで固定する。
夫がギアをパーキングにしたら、エンジンがかかった。ファンの円形フレームが割れて、羽根が回ると擦れてカタカタとノイズを出しているらしい。車の下から夫が調整して直す。
どうやらけん引せずに自力で走れる模様。さすがはトヨタ! 
ライラ行きは諦めて、元来た道へ戻ることにする。ついでにハマー君に給油、これで舗装道路が終わる手前のガソリンスタンドまでは行けそうだ。
それにしても、事故ったのがまだ午前中で良かった。日暮れまでにはたっぷりの時間がある。

b0038735_1812285.jpg


ダートロードを見つけたあたりで、休憩がてらランチにする。イスを出すのが面倒だから、ダブ(イグアナみたいなヤツ)の足跡だらけで、巣穴がいっぱいあいている木陰の砂地に座って食べる。事故車の二人は食べられないかも…と心配したけど、割とパクパク食べていた。とりあえず、安心。

日が傾いて来た頃、ようやく舗装道路に到着。タイヤに空気を入れる。
リヤドまで高速で走るのは無理だよね…と思ったのは私だけで、ランクルは全然平気。おまけにライトが点く! 我がニッポンの車とはいえ、スゴ過ぎる。

時速120kmを安定してマーク、無事にリヤドに着いたらば、稲妻が光り雷鳴轟いて高速道路は冠水してる。全く、とんだ週末だったぜ!

b0038735_18115577.jpg

[PR]
by maadienne | 2006-11-25 14:54 | Hijaze-vous?

風邪ひき猫

b0038735_451770.jpg


飼い主は二人ともすーっごく元気ですが、猫が風邪引いてしまいました〜。

最近、ジンは口内炎で食事が取れず、先週獣医さんに診てもらったばかり。
このところの寒波(ってゆーか、豪雨だったんですケド)で夜露に当たったり、雨に濡れてしまったりとかしたのでしょうか。
くしゃみ連発で可哀想なので、電気アンカを引っ張り出して来ました。
いつもなら日向でお昼寝…ってところですが、連日雨だったりしてしばらく太陽を見てないような…。

とりあえずは、温かいっしょ。
[PR]
by maadienne | 2006-11-23 04:09 | Oh My Cat!

初めての物産展?!

b0038735_512504.jpg


かれこれ10日くらい前の話ですが、観光局(スプリームコミッション・ツーリズム)の主催で、イスラム圏の物産展&即売会がありました。
国立博物館の隣に、いわゆるテントスークが即席で出来て、東地中海を始めアラブ各国が出店していて面白かったです。

でも、ちょうどサラーにあたってしまい、テント1を抜けたらば、
「サラーだから再入場はダメ」とか言われ、
テント2方面へ移動してもなお、サラーだサラーだと追っ払われてしまったのでした。

3人連れのムタワもウロついていたし、せっかくの催しなのに…と残念でなりません。
次回はぜひ、別の場所を選んで頂きたいものです。

そうそう、環状高速の9番出口あたり、またテントスークが出ていますよ。航空博物館のすぐそばです。
[PR]
by maadienne | 2006-11-22 05:21 | サウジアメリカ

空白の26時間

11月20日(月)。
朝、目覚めたら、雷雨でした。

前日に雨降ってましたけど、なんで雷まで鳴るかな〜という憂鬱な空模様。
こんなに激しいお天気は、うるとら久しぶりです。
確か一昨年くらい、ラマダン明けからずーっとお天気が悪くて、まるで日本の梅雨みたいでしたっけ。
それにしても、今年は寒くなるのが早くて、ちょっと戸惑っています。

と、今日はお天気の話ではなく、ネットの不具合の話です。
雷鳴がスゴいので、しばらくコンピュータの電源を切っていました。
とりあえず、雷が行ってしまったみたいだし…と起動させたら、ネットに繋げません。

う〜ん、なんで繋がらないんだろう…。
何度も何度も家中のコンピュータで検診しても、ウチのマシンのせいではありません。
前回はピーカンに晴れていたけど「お天気のせいで」繋げないってことがありましたよねえ、確か。
今回はなんて言い訳するんでしょ。
今日が期限の案件があったりして内心ちょっと焦りましたが、他にもイロイロ忙しくて、たまにはネットに繋がない日があっても良いかもね〜なんて悠長に構えていたのは、昼過ぎのニュースを見終わるまで。
う〜ん、う〜んと唸りつつ、繋がらないものは仕方なし。

そういえば、先月末くらいからメールの送受信が変で、まるで何かに取り憑かれたようにむか〜しのメールが届いたり、何日も全然メールが届かなかったり(私、単に皆から嫌われてるだけ???)。あの時はさすがに夫が苦情電話を入れたんですけど、
「他社の無料メールサービスとか使えば良いじゃないですか〜!!」
なんて言われたそーです。信じられない…。

結局、翌21日(火)の昼前、突如、突然、唐突に繋がりました。
まるまる26時間、ネットが不通だった訳です。たまっていた縫い物が片付いたのは儲け物ですが、毎月の支払いを考えると、苦情電話の一本もかけたくなりますな〜。
でも、「もう過ぎたことなのに、どーして不具合の理由を知りたいんだ?」とか逆切れされそうなので止めました。

かわりに言います。
「オルビットのバカ!」
こんなに不具合ばかりじゃ、電話回線でダイヤルアップにした方がよほどマシかもね!
[PR]
by maadienne | 2006-11-21 04:10 | 閑人的日常生活

沙漠に行かない週末に…

b0038735_0384166.jpg


近所でバザーがあるというので出かけたら、Tちゃんが家具を買ってしまいました。
なかなか味のあるデザイン、そしてお手頃価格で、ビビビっと来てしまったのでしょう。
ホントはクリスマスグッズを買いに行く予定だったのですが、Tちゃんてばそんなことはこれっぽっちも考えてないんですっ。

でも、自宅に運んでから気づいたのですが、鏡がビミョーに曲がってます。
フレームは右に、鏡は左に。アンバランスのバランスですかね。
う〜ん、すごいアラブっぽい……。
いい味出してるでしょ?
[PR]
by maadienne | 2006-11-20 00:37 | アラビアン de ないと

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28