「ほっ」と。キャンペーン

Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ダイエット、継続中

日本ではどーも、ブートキャンプとかいうミリタリー系の合宿型ダイエットが流行っているそうですが、DVD、やけにお高くないですか?
それに、最後まで続けられないくらいキツいというのもよく聞きますが…。
達成者と脱落者の比率って、どれくらいなんでしょうね? 

内容は知りませんが、北米ならエクササイズチャンネルで見られそうな気も致しますね。
お求めになった皆さん、成果はいかがですか〜? 
筋肉痛、大丈夫ですか〜?


ぢつはワタクシ、新年の誓いに、
「転勤までに、リヤド赴任で増えた体重を戻す」
というのがあって、ずーっとお正月以来、ナントカシナクテハ…と思っていたのでした。

そんな冬のある日、サコで日本の縄跳びを発見、「これだ!」と閃きました。
で、速攻で隣にあった中国製をお買い上げ。
プラスティックの縄跳び購入資金は、8リヤル(約250円。日本製の3分の1くらいですん)。
私が如何に気合いを入れてダイエットに取り組もうとしていたか、その気迫が伝わりません?

そして頑張って飛ぶ…はずだったのですが、これがまた身体が重くてなかなか飛ぶ気にもならず、そろそろ本格的に春(ってゆーか、夏)…という季節を迎えてしまいました。忙しいと、飛んでるヒマなんて無いんですよね。それに、冬のリヤドは結構寒くて、身体を動かす気にもなりません。
しかーし、年度が変わってからやっと一念発起して始めました。縄跳び!
もう崖っぷちです。

それというのも、
「お、これはお得!」と、なにげに買ってしまったスラックス…。
サウジでは、女性が購入前に服や下着の試着をすることができないので、多少大きめのに当たっても「ま、次の転勤で、冬になったらモモヒキの上に着るのにちょうど良いや」と引き出しに入れっぱなしにするつもりだったモノたちが、冬の間に大活躍。
これはイケマセン。
ピンチです。
リヤドに転勤してからの+重量、何とか8月末までに調整しようと思ったわけです。
何しろ、転勤前に着ていた服が着られません。これは困ります。
今度の転勤はダウングレード赴任ですから、今までみたいに安いからってホイホイと服を買う訳にはいきません。


でも。
考えると、私は既にラマダン中、3キロ半のダイエットに成功しているじゃない!
昨年のラマダンは水だけオッケーという、かなり自己チューながら食事制限はやり遂げたのです!

それなのに、クリスマスの旅行でベーコン中毒になって一挙に体重増加。
その後の日本への一時帰国で、うな重完食を続けて、完璧にラマダン減量分をリバウンドさせてしまったのでした。
うーん。
なんという意思の弱さ…。


で、縄跳び開始以来、かれこれ3ヵ月。
1度に50〜100回だけ飛んでます。息が弾むけど、汗はかかないという程度(汗かくの嫌いよ、私)。
それを1日に何セットかします。
基本は、何回飛んだかとか、セット数を数えない。飛んだことを忘れるんです。そしてまた飛ぶ。
でも、同時に食べるものの量を減らし、食べる時間を変えました。
夜中の間食はしていません。
あられ、チップス、チョコレートの類はもう買ってません。
クッキーは食べてます。(爆)
朝起きてすぐに食べるのをやめました。
「朝飯前」という言葉を忠実に守り、朝食の前に諸々の片付けをします。
朝ご飯の時間は午前10時過ぎ。朝昼兼用ですね、これじゃ。
専業主婦で毎日家にいるからできる…と言えなくもないですねえ。

体重は順調に下降曲線を描きましたよ。
他にも、妹に教わった歯磨きストレッチ体操も続けています(歯磨きしながら、足上げるだけです)。

この次私に会った時、
「あのさー、それで痩せたの?」
なんて言わないでくださいなっ。これでも随分痩せたんです。


でも…。
コンパウンドに住んでいる皆さんなら、テニスとか、乗馬とか、ゴルフとか、外出せずに出来てしまう訳ですから、別に縄跳びなんてする必要もないですよね。ウラヤマシイ。



業務連絡:
しばらく留守にします。
またベーコン中毒になったら、元も子もないっすよね〜。
目標「誘惑に負けない自分づくり」。オトーさんにも当てはまりませんか?
[PR]
by maadienne | 2007-06-23 21:31 | 閑人的日常生活

新来者と砂丘ピクニック/ 2007年6月22日(金)


【トゥママ・デューン】

今日は出かけないんだよね…と思って寝坊した朝、キッチンで珈琲をいれていたら、夫が下りて来て、
「えへへ〜、やっぱり行きます!」。
あのなーっ!
行きたきゃ一人で行けよ!と内心思おうものの、もう会えないかもしれないメンバーかも…と思って付いて行く。
起きたのが9時、集合時間は10時。しかもジャナドリア前のコンパウンドだよ…。絶対間に合わないね。

10時5分にリーダーから電話あり。こちらはやっと、らくだスークのあたり。すぐに追いつくから、先発してくれるように言う。
でもさー、ガソリン半分以下しか入ってないんだけど…。 

必死で走る。トゥママへ行く道には、かなりな数のレンタルバギー屋やテントが建ち並んでいたのに、ほぼ全てが無くなっている。一体どーしたんろう…。

約10分で追いつく。慌てて走って来ることもなかったよね、というA君の様子を見てほっとする。

お約束の鉄塔下でタイヤのエアー抜き。
今日は4台9人。スーパー・サファリ君が2台とユーコンとハマー。
アメ車対日本車という沙漠日和な暑い日だ。大丈夫か、アメ車!と思ったけど、ユーコンって運転者の腕が上がったのか、なかなかの走りだ。

ふっと、丘の上に停車。皆が車から下りて写真撮ってるし。
さっきエアー抜いたばっかなのに、止まらないでほしいなあ。ひとしきり写真を撮り、おしゃべりも終わり、忘れていた無線機を渡してまた出発。ふーっ。

と、砂丘の谷間に白い湖底のような空間が広がっている。遠目に見ても塩じゃない。きっと、チョークみたいな白っぽい砂でしょう…。迷わず下りて行く男たち。
砂もうもうになって、走り抜けないと気が済まないらしい。リーダーも1回だけ挑戦、先へ進む。

えっちらこっちら、砂の丘を越え、ふっと気づくと車止めて写真撮影。うーん、さすがは新来者さまご招待ツアー。まあ、こちらは金魚のフン状態で付いて来ているだけなので、文句は言えない。

と、ハマーがスタック。今ひとつ、砂山の頂上での踏み込みが足りない。
飛ぶかも…と思うと躊躇しちゃうんだよね、分かる。
皆さまの格好の被写体だわよ。

と、今度はユーコンがスタック。ま、無理もないです〜。

と、12時前なのに、リーダーはもうランチ指定してるし。
私は朝食抜きで来たから、ちょうど良かった。リーダー、今日はガジーボ持ってる! ウチが過酷に使い過ぎてお釈迦にしたヤツ、ちゃんと使えれば便利なんだよね。ほぼワンタッチで組み立てられるんだから。

それにしても、なんというコロニアルな雰囲気。
そっか、今日はえげれす人さま御一行なのだった。Jの作ったサンドイッチ、ウリ、チェリー、チーズ、ハム、チップスと、どんどん出て来る。
そーいえば、初めてこのクラブで出かけた時って、A&Jカップルと一緒だったんだよね。あの時もガジーボがあったよ。あれから何年経ったのだろう…。

あれこれとおしゃべり、ようやく腰を上げる皆。午後に予定のある2台とは、別行動でA君と続きの砂丘を楽しむことにする。

と、ハマーがスタック。これで今日、何回目? 
A君が後ろから引っ張ってくれる。
もうバイバイしたはずの2台、戻って来て写真撮影。急いでたんじゃないの? 

さっさと抜け出して、なだらかな砂の丘を本当に気持ちよく走っていたら、なぜかユーコンが斜めになったまま動かない。なぜ? と思って引き返したら、斜面でスタックしていた。一体どーすると、あんな場所でスタックするのか、超不思議。運転者もパッセンジャーも、すぐに車外で写真撮影。うーん、わざとですか? 
ちょうど良いチャンスだからと、ハマー君のウインチを試す。
お〜っ! 今回は上手い具合に使えた。こうでなくては。


トゥママデューンの、どうやら北の外れというあたりを幹線道路まで戻り、やっとお別れ。私たちは南へ進む。
赤い砂地にブッシュが多くて、凸凹凸凹。
運転者はさほど気にならないのかもしれないが、助手席に乗ってるこっちは気持ち悪くなる。
そのうちなぜか、エアコンからあっつーい空気が出て来るし…。
窓開ければ風よく通るのだけど、砂が入って来るのがねえ…。
2台と別れてから小一時間も行っただろうか。私はもうギブアップ。もう帰ろう! 
遠くに見えるテントを目指して、舗装道路方面を目指す。
ちょうどテントの脇あたりの固い地面でインフレート。

無線機をA君に託して、来月の再会を約束して別れた。
ちょこっとだけの沙漠でも、結構疲れるものだ。後は一路、我が家を目指すのみ。
[PR]
by maadienne | 2007-06-23 11:31 | Hijaze-vous?

今どきのラップトップ

b0038735_22383636.jpg


うるとら久しぶりに、電気屋さんへ行ってきました。
キカイルイの店へ行く時は、Tちゃんは速攻で連れて行ってくれます。

あまりに久しぶりだったので、用が済んだ後も店内をブラブラ。
新しいMacのCM、英語版のが流れています。
日本のCMの方が面白いかも。

やたらとラップトップのコンピュータが大売り出し…という印象でした。
まだ学校終わったばっかりじゃない?
鍵盤、じゃなくてキーボードがパタっとモニターに折れてくっつくフェスティディエスなあれ、良いですね〜。さすがは日本のブランドです。

と、そこにあるのはなに?
目が釘付けになったのは、フェラーリとランボルギーニのラップトップ。
なぜ?
わっかりませーん。
今は何でもブランド志向で、商品を差別化しないと生き残れないということなんでしょうか?

日本でも売ってるのかしらん…。
[PR]
by maadienne | 2007-06-21 00:45 | 閑人的日常生活

み、み、水…

b0038735_16103990.jpg


またお水買って来るのを忘れてしまった…。
せっかくタミミへ行ったのに、なーんの意味もありません。

このところの暑さで、我が家の飲料水消費量がぐわーんと急上昇しています。
水道水、飲めないことはないのですが、カルシウムの含有量がマジ多いというので(日本の20倍くらい? 骨粗鬆症気味の方には朗報でしょうか)、体内に石の出来やすい私としては、ちょっとダメかも…。

それで、5ガロン(19リットル位?)のジャグを買っています。
これがなぜか、完璧に私のシゴトになってるんですよっ!
基本的にはドライバーさんが家の中まで運んでくれますけど、中には敬虔なモスリムの人もいて、「女ひとりの家には入らない」という人もいたりします。
そして、なぜかよく私のお当番になるドライバーさんは、数ヵ月前にした盲腸のキズがなかなか完治せず、重いものが持てません(号泣)。
そうなると、私が自分で5ガロンを運ばなくてはいけません。
重いんですよっ、これが!

配達してくれればいいのに… と、街でこんなトラックを見かけるたびに思います。
自宅まで配送してくれたらそれはそれでまた、問題です。
だって、家には私ひとりですからねえ。
表に置いといて…という訳にもいきませんし。
ここいらへんが、この国の暮らしのビミョーなところでしょうか。


Tちゃんが請け負ってくれれば一挙解決なコトだと思うんですよねえ…。
「いつも気がついた時はボクが買ってるでしょ?」
と、言います。
うーん、アンタが気がつくのって、10回に1回くらいかもよ。
しかも、いつも沙漠に行く前の日の夜、家にはもう水がない…という状況になってからじゃん。
買って来るつもりでハマー君に空のジャグを乗せて、忘却の彼方に忘れ去られたことが何回?


と、前置きが長くなりましたが、サウジには「Ssfia」 「Al Manhal」 「Nestle」と、私が知っているだけで3種類の水があります。
いずれも1ジャグが5リヤル。最初に買うときは、ジャグの代金20リヤルが必要でした。
どれが硬水とか軟水とか、わっかりませ〜ん。
ウチはもっぱらサフィア党。
キャップに切込みが入れやすいからです(不純な動機?)。
以前、マンハルの赤キャップのちっこいカケラが冷却器に入って、蛇口が詰まったことがありました。
あれには怒れました。


ところで皆さん、もちろんキャップは外していませんよね?
[PR]
by maadienne | 2007-06-20 16:41 | サウジアメリカ

あいそがし…

最近、あっちゃこっちゃと忙しく出かけて、「不穏な動き」をしている今日この頃でございます。

夫の後任者の奥方にと、いろいろな店やモールの情報を整理している訳ですが、もらったはずの名刺がない…というのが多いわけ。

で、番号案内に聞いても、登録されてない場合の方が多いんですよね。なんででしょ?

で、どーすればいいかっていうと、もう直接行くしかありません。
夫の職場の車が使えるから良いようなものの、車がなかったら、リムジン呼ぶしかありません。高いんですよ、これがまた。
女が自由に動け回れないこの国で、電話番号さえ分かればたいていの用件は片付けられるのに…と思うとシャクにさわります。

最近、番号案内もアラビア語と英語と、オペレータを分けたようで、以前のように待ってれば英語の分かる人を呼んで来てくれる…というのがありません。
それに、英語は英語だけ、っていう音声になってしまったので、アラビア語の数の勉強には全く役立たなくなってしまいました。残念。
ちなみに以前は、アラビア語で言ってから英語、というのを2回繰り返していたのでした。



今日は、遠くにある古〜いモールに行ってきましたん。
4年前に連れて行ってもらってそれっきり一度も行ってません。
あー、そうだったのか…という発見があって面白いです。
古いモールでも、ローカルの皆さまには相変わらず愛されているようで、街中のモールよりお値段設定が低め、というのも嬉しいですね。

何にも買わずにブラブラして写真を撮ってるだけっていう、益々怪しいワタクシです。

b0038735_2233013.jpg

[PR]
by maadienne | 2007-06-19 20:41 | 閑人的日常生活

最近のハマー君

b0038735_1353376.jpg


オフロードに行く朝、急にエンジンがかからなくって往生しました。
なんで? とは思いますけど、アメ車なので深くは追求しません。

で、出先で「ウインチデビュー」しようと思ったのに、パワー不足で役立たず。
おまけに、引っ張り出したウインチが戻らなくなってしまいました。笑える…。

で、週明けの朝、またエンジンがかかりません。
夕方、近所のバッテリー屋さんでみてもらったら、
「ダメだこりゃ」。
まるでバッテリーのメタボリック症候群?というくらい、膨らんでいました。
なんで? 買ってまだ半年くらいなんですけど。
新しいのに取り替えたら、復活!
それにしても、エンジンの割に、やけにバッテリーがちっこくない? と思ったのでした。

で、ウインチ。
昨夜、インババの(まだ言ってる…。地域の名前がわかんないんだもーん)ガレージまで行って来ました。
前回行ったのは夜だったので、辿り着けるか心配でしたが、事前にグーグルアースで場所のコーディングを割り出し、GPSに入力して出発。
ん〜、ちょっと違うかな…という数値でしたが、ぐるぐるっと周辺を2度ばかり回っただけで行き着けました。
風景を覚えているんですね〜。
我ながらスゴい! Tちゃんひとりだったら、絶対に探し当てられなかったと思います。ふっふっふ。
ガレージのオヤジさんたちは、
「えーっ、ホントに沙漠で乗ってるんだ〜」。
当たり前です。
そのために買ったんです。
オヤジさんたちは内心、改造した車は彼らの「作品」だから、沙漠には乗って行って欲しくないと思っているのかもしれません。

Tちゃんは最近、H3の改造プランに余念がなく、転勤したらハマー改造ビジネスでも始めるんですか〜? なんて思う私です。ま、副収入があるというのは、嬉しいことです。


写真は、オライヤンで買ったルーフラック。
最初見た時は、
「え〜っ。なんかさー、王冠みたいでカッコ悪くない?」
と思ったのですが、結構イイかも…と思う今日この頃でございます。
[PR]
by maadienne | 2007-06-18 13:24 | 浜田参之介、参上!/H3

新来者

今頃から8月が終わるまでくらいは、新来の人たちがたくさん到着する頃です。
昨日も、カルフールで見かけました。

フランス人カップル、奥さんはまだアバヤの着方がぎこちなく、すごく緊張した面持ち。ドキドキオーラが出ています。思わず、ダイジョーブよ! と声をかけようかと思ってしまう。
そして、いかにもアッシーでついて来ています…というご主人は、少し離れて歩き、ケータイ電話で職場とのやり取りに余念がなく、「まだ〜?」というキモチが巨大オーラになっているし。
そういう西洋人カップルを見かけると、来年の今頃もこの人たちはまだ一緒にいるのかな?とか、余計なことを心配してしまう私です。

うわ〜、リヤドだ! サウジアラビアだ! 来たぞ〜、やった〜! なーんて思ってキャピキャピしていたのは、私くらいでせうか…。
[PR]
by maadienne | 2007-06-17 13:26 | サウジアメリカ

玄関あけたらいきなり…

鳩が倒れていました。
ん〜、もう死んでるのでしょうか。

最初は、「えーっ、またウチの猫が…」
と思ったのですが、猫の仕業だったら落ちているのは羽毛だけですからね、いつも。
長老猫は無視して素通り…。

Tちゃんが帰宅して、「朝もいたよ〜」とのこと。
朝はまだ、ヨタヨタとですが、歩いていたのだそうです。
その時もウチの白猫は何の興味も示さず。
食べられないものには見向きもしない、ということなのでしょうか。



…。

ひょっとして、バードフルー???

去年、クウェートで報告されていたのを思い出しました。
いよいよサウジにも…??という感じ。
どこかに通報・報告した方が良いんでしょうか。
でも、どこへ?


コマリマシタ。
[PR]
by maadienne | 2007-06-16 23:31 | サウジアメリカ

やっと到達、ウエイポイントOne/ 2007年6月15日(金)

【アブドル・ワーディ】

本日もスタバに集合…と、出がけにハマーのエンジンがかかんないし。
夫がDに電話、助けを乞う。
8時半、Dが来てくれて、エンジンスタートを確認したらさっさと行ってしまった。急がないと、幽閉アメリカ人組にスタバを占拠されて、朝ご飯を調達できなくなってしまうからだ。

スタバに着いたら、もうほぼ皆揃ってる。
本日は、6台12人。ハマー2台、プラド、パジェロ、ソレント、ギャロッパー。
しっかり朝ご飯タイムして、親睦を深めてから出発というのもなかなか良いアイデアだ。
例によってダルマ方面行き、エスカープメントを下りてから右折。幹線道路を外れたところで、ドライバーミーティング。私はせっせと皆の写真を撮る。

砂山の入り口で、タイヤのエアーを抜く。今日は砂丘か…。でも、実は砂だけでなく、いろんな地表があるのが面白い。まずは砂をやり過ごさないと。

まずハマー2号がスタック。
デューンの頂上に乗っかってしまうのは、オートマチック・ハマーの特徴か。ハマーがハマーを引っ張る、の図。

続いてソレント君、ギャロッパー君もスタック。皆、頑張れよ〜。

と、プラド君がいきなり、100mはあるかも…という大きな砂山をどんどんひとりで上ってしまう。うーん、プラドだと思って! 他の車が上がりきれなかったらどーすんだよ! 

ギャロッパーだけがどーしても上れない。3度挑戦して無理だったので、ハマーと2台、迂回して合流することに。
ハマー1号、一度目は力尽きたものの、2度目の挑戦でクリア。ソレント君もクリア。パジェロ君は、あと数mというところでスタック。夫婦して体重オーバーしてるのがいけないんじゃない? 3度目のトライで何とかクリア。やれやれ。
後はギャロッパーを残すのみ。何度も何度も何度も何度もやってみるのだが、毎回同じ個所で絶命。乗組員、確かに多いけどお子ちゃまの体重は、夫婦2人のパジェロ君より絶対軽いと思うなあ。
仕方なく、ハマー1号が戻って、一緒に迂回することに。私を置き去りにして〜。でも、プラド君に乗車でルンルン気分だよ。ソレント君とプラド君、尖り砂丘の駆け上りに挑戦して、どちらの車も2回目で成功。

その間、ハマー1号はハマー2号救出に忙しくしていたのに、全然無線が聞こえなかったのだった。ウインチを試したのに、ぜーんぜん役立たずでおまけに出したワイヤーが引っ込まず、仕方なくてぐるぐる巻きにしていたんだそうな。気の毒に。プラド君が戻って救出、ようやく脱出できた。めでたし、めでたし。

さて、ランチは木陰で…なんて、木がないのに木陰などあるはずもなく、「木があるよーん」と無線で皆を誘う。あるのは高さ1mほどの小木なのだけど。
先日B&Cに売りつけたタープを広げてもらう。屋根にバーが付いてる4台の車に四方を引っ張ってもらえば出来上がり。これだけの人数だと、かなり嬉しい大きさだ。私はせっせと、ブッシュの鳥たちの写真を撮り続ける。
人数が多いと、しゃべりたい人とだけおしゃべりできるのが良いかも。


ランチ後は、もう帰るんだと思ったのに、皆なかなか砂遊びが止められない。ほんの小さな坂を上がれないソレント君。バンジーコードを付けて、私がハマーで引っ張る。「オンナに助けられてやんの〜!」と冷やかす。別の角度で再挑戦した途端、車体のゴムパーツが落ちてるし…。キアはやっぱり韓国製だわ…と思わざるを得ない一瞬。プラスティックでできてるの?  

やっと砂は終わり。今度は石ころだらけの地面。バックリと割れているところもある。だんだんワーディの幅が狭くなり、ホントに抜けられるの〜?という感じになって来た。

と、夫は一気にワーディの壁を上ってしまう。上は平らで走りやすいけど、どこへも抜けられなかったらどーするんだろう…。
リーダーとEだけが続けてワーディを行く。どうやら抜けられたようだけど、私たちのいる上の大地と繋がっていたらしく、こっちへ走って来るのが見える。ホッとひと息…と思った途端、パジェロ君がパンク。これだけいろんな地面をガシガシ走ってるんじゃ、仕方ないさね。遠くに、こないだ見たのと同じ、セメント工場らしい施設が見える。私たちはそれとは逆方向に進む。

途中、フェンスの張ってある保護区のような場所あり。その脇を抜けたら、これまたこないだの川に出た。今日は完全に枯れ川。この川を渡って、前回とは逆に進んで舗装道路に出た。ふ〜。
日暮れも近い。明るいうちにターマックに辿り着けて良かった。
[PR]
by maadienne | 2007-06-16 22:19 | Hijaze-vous?

なんの店? SUMO屋さん

b0038735_141277.jpg


一体なに? というこの店。
先日行って来たサドハンスーパーの2階にあります。
午前中に閉まってるなんて、完璧にローカルの皆さん向けに商売してますね。
食べ物屋さん? それともジューススタンド?
行かれた方は教えてくださいね。

b0038735_142781.jpg


でも、なぜにSUMOなわけ???



追記:
情報頂きました!
キャラメルポップコーンや綿菓子などの店とのことです。
食べ続けたら、セキトリバディ間違いなし!?
[PR]
by maadienne | 2007-06-14 01:46 | 閑人的日常生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー