Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

号外 ハリーポッターの結末

てくてくjp - きじもん西遊記

天竺にいる友人のブログに、あらすじがあったのでリンクさせてしまいます。
7月30日付けの記事。
英語なのに、もう読んでしまったという…。
脱帽。
[PR]
by maadienne | 2007-07-31 21:32 | 閑人的日常生活

雪、落下

白猫の雪は、かなりドジな猫ですが、本日はワタクシ、落下現場に居合わせてしまいました。

ってゆーか、私のせいで彼女が落ちた…という方が正しいかもしれません。

彼女の定位置であるバスルームの窓、いつものように寝そべっていたのですが、
「お〜、雪ちゃん、よしよし〜」
とか、今日に限って声をかけたら、妙に喜んで、ごろな〜ごな寝返りをうってしまったのです。

そーしたらば、落ちました。
真下にあるトイレットボウルの中に後ろ足がズボっ。

でも、さすがは猫。
背中から落ちたのに、ちゃんと体勢を立て直して着地って感じで足がトイレの水に入りました。

やっぱ猫でも恥だと思うんでしょうか、その後はしばらく隠れていましたよ、彼女。
ごめんよーっ。
[PR]
by maadienne | 2007-07-30 18:42 | Oh My Cat!

リヤドは今日も暑かった…

今週の暑さ、厳しいです。

今日も日中は限りなく50度に近く、午後は西日の照りつける我が家は猫も嫌がる熱波でした。
そんな中、お買い物に行く私もどーかしていますが、整理用の箱を求め、あとはTちゃんが選んだマハラジャベッドのキングサイズマットレス用シーツを買いに行きました。

さすがに午後はぐったり。
今日はケータイを持って出るのを忘れてしまい、ドライバーくん&車を探して駐車場を歩いたのでした。
バカ…。
割と近くにいてくれたから良かったものの、全くケータイ命のリヤド暮らし、そのケータイを忘れて出るなんて。何かあったらどーするんだと、Tちゃんの大ボスにどつかれそうです。

暑くて何が一番しんどいかって、夜になっても気温が下がらないのが辛いですよ。
30度を下がれば涼しいと思えるんですが、夜半近くなっても熱波が来ると、家の中までもわ〜っとしてたまりません。

でも、思い起こすと、去年や一昨年の方がもっと気温は上がっていたような気がします。
お庭の温度計が55度を示したとか、ご近所のマダムが喜々としてしていましたっけ。
沙漠では62度だったのに、それでも私たちはオフロードに行くんですもんね。

でもでも、湾岸よりはずっとましかなって思います。
これまた思い起こすと、初めてリヤドに来た年、ちょうど今頃アブダビへ行ったのでした。
外気温45度、湿度85%。
後生だから勘弁してくださいという暑さです。
エアコンの効いたホテルから一歩外へ出ると、まずメガネが真っ白になって世の中が見えません。
まとわりつくような湿気、立っているだけでダラダラと汗が頭から顔へ、首筋から背中を通ってパンツの中からお尻の裂け目めがけて流れます(前も同じ。詳細は割愛)。
超、超、超キモチ悪い。
リヤドの空港に戻った途端、あー涼しい!と思ったのでした。あの時の気温、37度です。
湿度でこんなに違うんですね。

ヨーロッパでは熱波で大変とか聞きましたが、暑い時はとにかく休みましょう。
命あってのモノダネですよ。
[PR]
by maadienne | 2007-07-29 23:28 | サウジアメリカ

家具探し、その後のその後

ぢつは…。

ホームセンターで買いました、家具。シティープラザの2階です。
笑ってやってください。

Tちゃん好みの「お城仕様」的寝室セット、その名も『マハラジャベッド』ですって。
マジで笑ってください。

お店では一番お手頃な価格、インドのローズウッドで出来ているそうです。
タグに「しーしゃむ」とあったので、てっきり会社名だと思ったら、ヒンズー語で「ローズウッド」という意味らしいです。
インドでは売ってないかもしれませんね。
ネットで検索したら、イギリスへはたくさん輸出されているようです。

ダイニングセットも、革張りの修道院仕様みたいなのです。
私的には「え……」という感じですが、その代わりにもう一つ必要なディネット用(キッチン内の食事スペース)ダイニングセットは私の好きなのを買わせて頂きました。これであいこです。

しかし、リヤドくらい家具屋の多い町もないんでないの?というほど多いですねー、家具屋さん。
しかも、デカい家具ばっかり。ゴージャス系が人気です。
一瞬、アルコバールのデザートデザインまで行こうかな…と思ったのですが、週末は予定が詰まっていたので、残念ながら買い出しはちと無理でした。
ま、あの店はお高いですから、ウチはホームセンターがちょうど良かったと思います。
引っ越しの見積もりは今週。間に合って良かった。
ふ〜。
[PR]
by maadienne | 2007-07-28 01:44 | サウジアメリカ

元に戻す作業

お部屋の模様替え程度なら良いのだれけど、どーしてもダイニングルームの照明がイヤだと、入居の時にTちゃんが手を加えたのでした。

イケアで買って来た丸い障子のぶら下がり型ライトがダイニングテーブルの真上にあり、壁にはこれまたTちゃん自作のざる蕎麦プレートを使ったランプシェードがありました。
あの時は勢いで取り替えてしまったけど、そりゃあやっぱり引っ越しの時は元通りにして次の人に明け渡すのが決まりです。
それで、とうとうTちゃんは取り外しましたよ、自作の照明。
配線も覚えていて、マーフィムシケラな作業は、5分で終わってしまいました。

その代わり、元のヤツのセッティングに時間がかかって大変。
もー。
ガラスの棒が300本くらい使ってあって、1本1本穴に入れていかねばなりません。
もー。
一体誰がこんなデザインを考えたんでしょう。
もー。

50年代のか?と思うような、かなーり味のあるモノ。
どっかで見たことあるような、懐かしいような。


そう、オークラホテルみたい!

b0038735_11442460.jpg

[PR]
by maadienne | 2007-07-26 04:59 | 閑人的日常生活

家具探し、その後

毎晩毎晩、日にちが変わるまでネットで家具探し。

先進国のホームページって、高速接続が当たり前の世界で作ってあるため、セミハイスピードの衛星放送ではトロトロです。

もうメゲそう…。
昨夜などは、もうかなり2人ともなげやりで、私が思いつきで言った言葉をTちゃんはどんどん検索していくのでした。

私「ロバートレッドフォードってさー、自分のブランド持ってなかったっけ?」
T「ぢゃ、ロバートレッドフォード、家具ってタイプしてみる」

で、出て来ました(爆)。サンダンス。ちょっとメキシコ色強過ぎかな…。


そして次々と出るキーワード。

 お城、
 中世、
 騎士、
 僧侶、
 十字軍、
 修道院、

他には、
 マルタ、
 モンゴル(なぜ?)、
 カルカソンヌ、

果ては、
 タンス、

そして、
 ジャックロンドン邸みたいなの(アメリカ人の作家)


こうやって検索して、ちゃーんとそれなりのものが上がって来るから不思議です。
でも、スゴくデカい。ステキなんだけど、新居には入りきらないサイズよね…というもの。
さすがはお城用です。今後、お城を買った時には、ぜひ購入しようと思います。

中世のなんて、
「中世の人は小柄で、しかも簡素な生活」だったとかで、自分で組み立てるようなモノが出て来て笑ってしまいました。中世って、そーゆー時代だったんだ…と再認識。


実は、リヤドでアラブ風西洋家具屋として目星を付けていた店が2軒ほどありました。
サハラモール近くと、キングダムタワーの西南。
どちらも去年、消えてしまいました。
そういえば、エミレッツ系『マリーナ』という店が、キングダムタワーの南側にあったはず…と思っていたのに、これまたいつの間にか消えています。

あーあ。

意外と、シティープラザ2階の家具屋さんとか、イメージ通りのものがあったりして。
はは…。
[PR]
by maadienne | 2007-07-25 04:50 | 閑人的日常生活

もう行く気?

このところ、引っ越しの片付け作業の一環で、お鞄が床やら客間のベッドやらにたくさん転がっています。

そーしたら。

愛子さま、私のお鞄が昼寝場所になってます。
猫も鞄に入れて運べたら楽なのにねえ。
愛子はすごく臆病な猫なので、出発の日はケージに入れる前に大人しくさせるお注射とか、してもらった方が良いのでしょうか…。
獣医さん、出張して来てくれると嬉しいなあ。

でも、獣医さんとこって、ほぼ空港への道すがらなのよね。
[PR]
by maadienne | 2007-07-24 10:22 | Oh My Cat!

カルフール、増殖中

キングダムタワー麓にできつつあったカルフール、そろそろオープンかな〜と思っていたら、
「もうやってますよ」
という新しい知人の言葉に背中を押されて、行って参りました!

以前は、アルジャジールスーパーがあった場所です。
お隣にはアルサワニがあり、繁華街だというのに、あのひっそり&まったりとした空間が結構好きだった私です。
あんなところにカルフールなんぞが出来た日には、道が混んでたまんないよね…と思っていた訳ですが、とうとうできてしまいましたね〜。

まだオープンしたてで、従業員がいっぱいいて嬉しいです。
あれこれと手伝ってくれるので楽ちん。
今日は箱が欲しかったのですが、幾重にも重なって取れないので、そばにいたお兄さんに声をかけて取ってもらいました。
レジで「おー、新札だ!」と言ったら、全てのおつりを新札でくれました。
嬉しいね〜と思いつつ、いつまで続くんだろーねー、とかココロの中で思ったり。

ここ、2階建てです。
ユーロマルシェよりちょこっと広いかな…というアリーで、閉所恐怖症には不向きかも。
1階が食料品、雑貨や衣料品&電化製品は2階です。
DQからは一番近いですから、私みたいにパンだけ買う客には好都合な造りかもしれません。

モール内の他の店はまだまだ工事中。
砂や埃がスゴくて、転びそうになってしまいました。アブナイっす。
私がリヤドを去る日までに、何軒くらいの店がオープンするんでしょうか。
オープンの頃には、もういないと思っていたのですけどね。
[PR]
by maadienne | 2007-07-23 18:15 | サウジアメリカ

超久しぶりのピクニックツアー/ 2007年7月20日(金)


【日干しレンガ造りの古い集落・ララジル村】

超久しぶりのカシムロード集合。この前北へ向かったのはいつのことだろう。
本日は、6台12人。
今日はデューンも何もなーいと思うと、本当に安心。

8時半の集合の約束なのに、なにやかやと出発は9時。
そんなに遠くだと思ってなかったら、実はリヤドから2時間も北へ行かなくてはいけない…。だったら途中で寝れたのに(爆)。

もうすぐ左折、もうすぐ左折、とドキドキしながら待ってて、かなり疲れてしまった。ア
イリスフィールドへの高速出口を通過、やっと私は、目的地が意外と遠いというのに気づいたのだった…。遠くたってターマック、疲れ知らずで楽しいドライブ。

と、塀で囲った中側に目印みたいな石のマーキング。
ひょっとしたらこれは墓地?という。
思わず写真におさめてしまったけど、心霊写真になってるか??? 
それにしても、この村には一体どれほどの死者が出るのだろう。やけにお墓の数が多いよ。
モスク横にあるのは、忘れられてしまった集落。日干しレンガで出来たものだ。
前回来たのは約一年前だけど、前よりどんどん崩れている感じ。
それに、木のドアがボロボロ。前はもっと良いのが残っていたのんい、街の骨董屋が根こそぎ買い取ったのかもしれない。

本日はお日柄もよろしく、気温は高いはずなのに、全然暑さを感じない。日干しレンガって、涼しいんじゃないの? なぜ人々はエアコンの家に住むのだろう…と思う一瞬。ワイヤレスでネットや電話やテレビなどなど、一通り揃えば日干しレンガの家だって快適なんだろうに。

ふっと見ると、Dがいない。ガシガシと自分だけ車で近所を散策してる…と思ったら、面白い橋を見つけたから皆で写真を撮ろうって。
団体行動とれないの? と思いつつ、ウチも取れないし…。
行ってみると、Dが言った通りのカワイくてステキな石の橋だった。迷わず記念撮影。

そして次の目的地であるパームツリーの畑、デーツファームへ。
途中抜けて行く村には、なぜか素敵なプロムナードが造ってあり、スケート禁止ってな看板が立っている。え〜、せめてローラーブレードに描き変えませんか?という感じ。
ナツメヤシの畑は、水路が掘ってある。きっと朝夕井戸から水が流れるのだろう。
草もたくさん生えているし、ヤシの木の木陰になるから、涼しい。今日は全く暑さ知らずのピクニックだ。真夏でもこれだけ快適に訪ねられるのは嬉しい。

さて、やっとお昼。フレイミラのワーディのはず…なんだけど、程よい木陰を作ってくれる木が多くて、このワーディはランチには絶好のスポットだ。
参加台数は多いけど、人数はちょうど良いよねという参加者たち。あんまり話がはずんでないんだけど…。

さあ出発、と思う時に、いきなりAJJの車の後部を見せてもらう。自分でデザインして作ってもらったという鉄パイプのレールや、ネジ留めはさすがだ。皆して見学の一瞬。なんでも取り入れられることは、自分の車に活かそう! 

さて、あとはリヤドに戻るだけ…と思ったのは私の勘違い。
前回はランチの後、先発してターマックで帰ってのを思い出した。リーダーはさっさと沙漠へ走り入る。急な坂道、これまた急な崖っぷちと、結構ヒヤヒヤでスリリングなオフロードだけど、とりあえず砂もなく、誰もスタックもパンクもなくて、ほっとした週末だった。
撮った写真は約250枚。前回分はカメラからダウンロード中に事故で消失。そのうち、そのうちと言っている間に、とうとう離任近くになってしまった。今回の旅だって、リーダーが連れて行ってくれたからこそ。ありがとう!
[PR]
by maadienne | 2007-07-23 03:08 | Hijaze-vous?

家は買えども…

ようやく家の購入手続きも終わりそうですが、ここでやっと気づいたこと。



家具はどーする…。



あまりにも家をゲットすることに夢中になり過ぎて、家具のことは後回しになっていたのでした。
春先にTちゃんが、
「なんかステキな家具を買いたい」
とかなんとかむにゃむにゃ言っていたことがありますが、
私は速攻で
「住む家もわかんないのに、どんな寸法の家具を買うのさ?」
と言ってしまいました。
それ以来、家具のことは話題に上らず。

家具屋くらいあるんでしょ?
と言いたい私ですが、今度の家の近所って、アンティークの家具屋は多いみたいだけど、他はどうやら…という状況。

連日、Tちゃんと二人、ネットで家具探しをしていますが、「これ!」というのが見つかりません。
おーっ!というスバラシイのがあっても、最後の最後のページまで辿り着かないとお値段を教えてくれず、またそのゼロの多さに気絶しそうになるのです。

私たちの趣味って変なの? と、ちょっと凹んでいます。
好きだった『テキーラコーラ』は香港の店だけどインドネシアで製造。遠いから、お取り寄せはちょっと無理です。

リヤドにも店のある『ボンベイ』は、スゴくステキなのだけど、なんか…ホテルみたい。

当てにしていた『サルタンガーデン』は、バーゲン突入早々に家具はほぼ完売、きっと秋まで何にも入荷しないんでしょう。

ディラースークのパキスタン家具屋って、それなりに味があるんだけど、注文してから受け取るまでに3ヵ月もかかるし。

うーん。うーん。

当分は、オフロードのキャンプツアーで使っていたコッドやマットレスが活躍してくれそうです。
とほほ…。
[PR]
by maadienne | 2007-07-22 21:14 | 閑人的日常生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー