Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

子宮摘出の予後 - 混ぜるな、危険

暮れも押し迫ったというのに、まだまだ続く子宮ネタ!(苦笑)
でも、ビョーキに盆暮れなんてありませんし。
今この瞬間にも、入院してる人もあるかもしれないし。ね?

で、今日はお薬のハナシ。
ドクトルAに処方してもらった、よく効く方の錠剤を飲みきってしまい、仕方なく効かない方の錠剤を飲んでました。効かないくせに、前のより強い薬なんですって。ふーん。
前のは、他の薬と一緒に飲まないようにって言われてたんですが、今度のは大丈夫とかで、また別の錠剤と時間差攻撃のように飲んでたんですよね。効かないから!(笑)
そしたら、んま〜よく効くこと!
夜もぐっすり眠れてたんですが、それもとうとう底をついてしまいました。
アスピリン系のだったんで、結局同じような市販のを代用、続けて飲んでました。

でも、やっぱりダメ。
薬って、飲み続けると効かなくなる???
効かないくせに、日中眠たくて眠たくて、結局居間のソファでウトウトして一日が終わってしまった…というのを数回経験。
試しに薬飲まないでおこー!と思いついて、昼も夜も飲まないでいたら、
「あれ? 痛みは?」状態。
あれ〜、私って痛くて眠れなかったんぢゃなかったっけ〜?(笑)
なので、しばらく薬はやめてみます。(爆)

でね、何か危険だったのかっていうと、まるっと一日寝ちゃったこともそうですが、先日はふと、咳止めシロップを飲んだんです。急に咳が酷くなったんで、傷口に負担をかけたくないと思って。
そーしたらば、にわかに心臓がドックンドックンと早鐘をうち、手がブルブルと震えてきました。
うわー、やべ〜っとか思いつつ、どーして良いのか分からないまま、様子をみていたのみ。
結局大事には至りませんでしたけど、咳止めシロップって「薬」なんだ…と実感したのでした。
当たり前だけど…。
ちょっと怖かったので、報告でした。

そーいえば、病院でも術後初日は咳止めは飲まないようにと言われてたわ…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-30 22:23 | 筋腫と子宮と卵巣と

子宮摘出の予後 - 冷やしと温め

やっと腰痛が消えた〜と思ったのも束の間、ここ数日は下腹部の引き連れ感と腰痛が同時に来るようになってしまいました。
腰痛〜っと思って背中にクッションを当てると、当然腹部が伸び〜状態になるわけですね。
そうなると、腹部内で縫合されてる傷?が痛むのか、まだ内出血が残っているのか、チクンチクンと来るのです。

前にTちゃんが作ってくれた氷水バッグで下腹部を冷やした時、すっげー気持ちよかった&痛みが取れたのを思い出し、身体の前部は冷やすことに。

でも、背中は温めた方が良くない?と、腰は単純に思いつきで温めてます。(爆)

冷やしと温めで、陰陽を引用?(う〜、さぶいギャグ…)

自分のしてることが正しいのか間違ってるのかわっかりませんけど、とにかく気持ち良いので続けています。
痛い痛いと言いつつ、しっかり身体をまっすぐにして立っていられるようになって来たし、歩くのも随分しっかりしてきましたよん。
しばらく前まで、ピロー2つを背中まで当てて寝ていたのに、今はもう以前のようにタオル枕のみで大丈夫。亀のごとき速度ながら、回復に向かって歩み続けているという証拠ですね。
頑張れ、自分! 新年は近い!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-29 22:17 | 筋腫と子宮と卵巣と

咳とクシャミとお笑い解禁?

開腹手術は横切りで、陰毛の生え際ギリギリというビキニライン?を約20cm。
横切りの場合、コルセットはどっちでも良いそうですが、内蔵のポジションが良い気がして、買ってもらって使ってました。
でも、数時間でガスが充満して逃げられない状態になってしまう?ようで、朝着けて昼過ぎに取るっていう感じ。別に高い医療用のコルセットでなくても、腰痛防止?の汎用タイプや、産褥用でも良かった気がしたり。ま、それは人それぞれっていうことで。

傷自体は、先日も書いた通り、どんどん治って、ベッドへ横になったり起きたりなど、何の支障もなくクリア。
しかし、辛いのは咳とかクシャミ…。
恐ろしいほどの腹圧がかかるのだわ〜と、今更ながら思いました。
クシャミは鼻をつまんで止められるけど、咳は突発的に出るので本当に困ります。
傷は深いんですよね。

実は、アルジェに来てから何度も風邪をひいて、手術へ出発する直前も咳がひどくて受診したほどでした。喉と鼻腔が真っ赤に腫れてて、薬で押さえられないなら手術は延期した方が良いとまで言われてしまって…。
幸い、処方してもらった薬でウソみたいにひきました。
パリに行っていた間、咳やら喉の痛みやらは、一度もありません。
アルジェの空気って、完璧にパリより汚染されてると思う…。

ま、それは置いといて。
もうクシャミをしても、さほど傷が痛まなくなりました!
他にも、笑うのがすっごーく辛いんですよ。書かなかったけど。
帝王切開で出産した時もそうなのかな?と思ったりして。
テレビとか、友人からのジョークメールとか、急に笑える場面があるのに、痛くて笑えない…。(泣)
ふとクリックしてしまったY新聞ウエブページ、今年の発言小町大賞云々で、預かったヨウム(鳥)がうるさくて、
「ヤキトリにするぞ!」って言ったら覚えてしまったとか、読みながら笑いをこられつつ、痛くて涙が出て来るっていう…。

開腹手術の予後、咳とクシャミとお笑いには、くれぐれもご注意あれ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-28 20:30 | 筋腫と子宮と卵巣と

最近の出来ごと - 猫、受難…

先日来、珍しくTちゃんと猫と3人(2匹と1人?笑)で散歩に出てます。
いつもは、私と猫だけで行くんですけどね。
なぜかTちゃんも加わるようになりました。よっぽどヒマしてる?(笑)

で、彼の散歩は、猫を後ろから追い立てるように歩くんです。
まったく、犬じゃないんだから!と思いますよね。
猫がフーフー言いますが、まあ家の中ばかりに居るよりはマシだと思ってるのか、とりあえずは言われるままにしています。
それが逆に災難を招いたわけですけど…、
プールに落ちました!

もーっ!
最近はホントに見えないんだから、ちゃんと注意しててよ!って思いますけど。
悪魔の子(笑)Tちゃんは、笑ってます。
最初は一瞬だけ頭まで水に浸かってしまったんですが、その後さっと浮上して泳いでる!
エラい!
プールの水が温水っていうせいもあるのかもしれませんけど、パニックにならずに済みました。
ったくもー!
速攻で帰って、お湯でリンスしてから抱きかかえてドライヤーで乾燥。
風邪ひかないでくれよ〜と思います。
肺に水が入ってませんように!とも思います。

Tちゃんてば、ホントに油断も隙も無いんだから!(怒)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-27 23:37 | Oh My Cat!

ボクシングデーですが…

クリスマス(25日)、ボクシングデー(26日)と、Tちゃんは毎年連休なわけですが、今年はイスラム圏にいてすこぶる快適。
だって、世間はふつーに就労日だもの。(笑)
クリスマスだからって、慌てていろんなモノを買い込む必要もありません。
商店は、いつも通りの営業時間。
お隣のオバさんとオジさんのお誘いで、ちょこっと出かけて来ました。
クラフトのお店2軒をチェック、軽くランチして、帰りにスーパーで買い出し。
初めてイドラ地区へ行って来ましたよ〜。アルジェの「ロデオドライブ」?、シディヤイア通り!
あいにく、お目当てのクラフト&お土産物屋さんはランチタイムで閉まってたんですけど、お隣のイタリア靴屋さんがステキで、目が釘付け〜! 
あー、なんて優雅なクリスマスなんでしょう!


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-26 22:16 | アルジェ生活

アルジェは本日も快晴なり

クリスマスの朝、うるとら寝坊〜。
プレゼントを開けることもなく、ピーカンの青空を眺めながら猫とお散歩。
私の手術のせいで旅の予定が狂ってしまったのは確かですけど、この時季はどこの便も混んでるし、雪やストームで必ず遅延があり、おまけに荷物もどっか行っちゃったりして大変なんですよね。
こうして静かにアルジェでクリスマスを迎えられるっていうのは、やっぱり幸せなのでしょう。

傷口の抜糸、いくらなんでもクリスマスまでには終わってしまわないとねえ…と思っていたのですが、先日Tちゃんが消毒&ガーゼ交換してくれた時に、ほとんど抜け落ちて来ました。
は?と思って不思議ですが、最後の診察の日、ドクトルAが糸をパツンパツンしていたので、切り込みだけ入れておいてくれたのでしょう。気のきくヒトです。
普通、抜糸は一週間くらいでするらしいですが、私は皮膚のくっつきがすこぶる悪いタチなので、ま、アルジェに帰ってから自分ですれば良いし〜と思って、その旨ドクトルに伝えていたわけです。
でも、こんなにあっけなく取れちゃって、嬉しいやら残念やら…(笑)。

縫い傷自体は、めっさ順調に治ってました。
ベッドから起き上がったりするの、すごーく大変だよ〜なんてきいていたんで心配でしたが、この件は退院してすぐにクリア。ラッキーです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-25 17:18 | 筋腫と子宮と卵巣と

子宮摘出の予後 - 首から下の緊張感

四肢と頭以外、首からお尻までの胴体が、異常に緊張してる感じがあります。
全身麻酔でゆるゆるになった身体の各パーツが徐々に元へ戻ろうとしているかのような、そんな感覚かなあ…。
全麻っていうのは要するに、筋弛緩?なわけで、まさに手術中はゆるゆるになってたわけですよね?
そんなゆるゆる状態の身体、手術が終わったからといって、すぐに元に戻るはずなんかないのかもしれません。

で、首と肩がコリコリ。背中もコリコリ。
どーしてこんなところが?っていう場所に、急に痛みが走ったり。
大丈夫だと思ってた腹部も、またまた妙な感覚&チクチク感があったり。
そして、終わったと思った腰の痛みも、場所を変えて再発。今度は骨盤と背骨のジョイントあたりに、どわーっと熱がたまるような感じです。
実は、ここ数日、身体をまっすぐにしてふつーな姿勢で立ってることもままなりませんでした。
腰の曲がったお婆ちゃん状態で、我ながら泣ける〜!
それでも頑張って、猫と外へ出て散歩&日光浴。しっかり歩いてエクササイズしないと、回復に加速できませんからね。

全く、別々に頑張ってる内蔵が、1つの身体としてまとまるために頑張ってる?みたいな、変な感じです。(苦笑)

でもでも、例え1日2〜3時間でも、ぐーっすり眠ると回復したな〜って実感できるくらいスッキリするんですよね。
そして、スッキリするごとに、首のコリが解消され、肩こりも消え、といった具合に少しずつですが、前進しているんだわ〜と思えます。
通常、開腹手術による子宮摘出の予後は1カ月くらいと言われていますが、この調子だと私もそれくらいでイケそうかな?と思いますが、いんしゃーっらー。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-24 19:20 | 筋腫と子宮と卵巣と

子宮摘出の予後 - 腰が痛ーいっ!

18日の夕方帰宅、翌日はほぼ寝てました。(爆)
気づいたら、Tちゃん帰宅の時間だし。
よくまああんなに眠れるものだわって思いますけど、ホテルでは痛くてロクに眠れなかったし、隣でTちゃんがテレビ見たり、ネットやったり。(寝れるわきゃーねーだろお?笑)
木曜までTちゃんは代理のヒトが来てくれてたんで、別に出勤しなくてもいーんぢゃ?と私は思っていたわけですが、まあ病人の相手をしてるよか、オフィスに行ってる方が建設的でしょうな。どーせ病人は寝てるし。Tちゃんいないほうがゆっくり寝れるし。(笑)

それがいけなかったとも思えないんですけど、この寝過ぎた日の夜から2夜連続で腰に激痛が走って、もうイケマセン。
左側の骨盤のあたり、奥〜の方?って感じのところ。
なんで〜、急に〜、こんなトコロが痛むのだ〜〜〜〜っ!(号泣)
痛み止めを飲んでも、全く効きません。
なんで〜?
熱はなかったんで、腎臓関連ではない様子。お小水はふつーに出てるし、???状態。
やっぱり、ベッドマットレスのせいかなあ…。

それとも、急に大きな子宮と筋腫が取り去られて、残った臓器のポジションが悪いとか?

うーん。うーん。

で、昨日からお手洗いでもうーん、うーん。
ガスや消化器官が動く?だけで、顔が歪むほどの激痛。
このところずっとお薬でお通じを促していたわけですが、バナナが威力を発揮してくれたので自然に任せました。
1時間かかって自力で排泄。
なんていう話題…って感じですけど、これ、すごく大事です。
術後、真っ先に飲んだお薬は、水に入れるとバブルの出る錠剤。ガスを出すためです。手術の翌朝、ナースに最初に聞かれたのも、「ガス出た?」。

不思議なことですが、排泄後に腰の激痛はほぼ消えました。
お昼間、なるべく横にならず、家の中をちょこちょこ歩いて、痛み止めを飲まずに過ごしました。
努力が実った?のか、この日の夜は痛み止めを飲んだ後、6時間近くぐっすり。
前日、前々日とも、夜中に家の中を徘徊してましたからね。ゲストルームのベッド、ソファと試して、結局居間の長椅子の背もたれクッションをどかせるのがポジション的に一番楽っていうのまでこぎ着けましたけど(笑)、やっぱり夜はTちゃんと一緒のベッドで寝ないと、何かあった時にすぐ対応してもらえないしね。

ふ〜。
全く、手術が終わったら速攻で元気になれるっていう訳じゃないぜ!、というのを経験しています。
次はどんな不具合が起きるのでしょうか? 
あぁ怖い…。

でもね、今日はお隣のオバさんが様子を見に来てくれました。(昨日も来てくれたんですけど、私は寝てたし…)
彼女曰く、麻酔のリスク。
副作用っていうわけではないですが、麻酔っていうのはそれだけ身体に負荷がかかる訳で、その反動が少しずつなり出て来るという…。
どっかに書いてありましたけど、全身麻酔って心臓は動かしつつ呼吸を止める?わけで、そりゃあ身体に負担がかからないわけがないよね?って思っちゃう。

とにかくとにかく。
特に予定があるわけでもないし、しばらくは回復に専念すると自分に言い聞かせて、適度な運動をしつつ身体を慣らしていくしかないですね。
もう無理はきかないお年頃なんで。(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-23 22:09 | 筋腫と子宮と卵巣と

留守中の出来ごと in アルジェ

Tちゃんと私がパリへ行っている間に、物騒なコトが2つほどあったそうです。

1つは、動物園で大量の武器が見つかったそうで。
なんでまた動物園で?って感じですけど、隠しやすかったんでしょうね。(笑)
この動物園、実はウチのあるコンパウンドからすぐなんですよ。うわ…。
まさか狙われてるわけではないでしょうけど、近所でこんなことがあったので、またまた外出自粛令が出ちゃったりして、益々幽閉生活に拍車がかかります。
私はまだ回復中なんで出歩けないからカンケーないですけど。(爆)

2つめは、グランポストが火事!
えーーーっ!
アルジェのグランポスト(要するに中央郵便局ですが)って、それはそれは美しいイスラム建築で有名なんですよね。まだ行ったことないですが。(爆)
オランド仏大統領のアルジェリア訪問に関する抗議のテロ?とか思ってドキドキしましたけど、どうやら単なるボヤだったとか。一部が焼けただけで済んだそうで、早く復元させて頂きたいです。

ちょこっと何かあるとすぐにドキドキしちゃいますけど、ホントに大変な時って、ドキドキするヒマもなく、急に退避勧告が出たりするんでしょうねえ。
ふ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-22 02:19 | アルジェ生活

仏大統領オランド氏のスピーチ - 謝罪なし

20日朝、たまたま見ていたフランスの衛星テレビ、アルジェリア国会でオランド氏のスピーチがありました。
フランス語なんで、私には単にBGMですが。(笑)
すっごく長い喋りで(40分は喋り続けてたんとちゃう?っていう…)、なにをそんなに言うことがあるんだろお?と思っちゃう。
で、スピーチが終わった途端に、速攻で要点をまとめてるニュース番組。さすがです。でも、私には分かんないですけど。(爆)

で、表題の通り、結局のところは謝罪はなし。
ぢゃ、何しに来たんで?って感じですけど、前に来た他の2人の仏大統領(シラク氏、サルコジ氏)らが全く触れなかった、フランスの植民地時代、アルジェリアへの対応が好ましくなかったというのを、キッパリ認めたんだそうです。
ふ〜ん。
ぢゃ、なんで謝罪しないの?と思ってしまいますが、そんなこと言ってしまったら、補償問題でぐちゃぐちゃになるからでしょうね。
要するにおカネ?
この訪問の数日前には、仏の自動車会社ルノーがアルジェリアで工場展開する旨を発表しているそうなので、やっぱりビジネス繋がりなんですよね。
国交とは、そーゆーものなのでしょうか…。

私的には、補償しないとしても、それに匹敵するようなコトをすれば良いと思うんですよね。
今のアルジェリアに一番欠けているもの、そう、医療の充実です!
病院、クリニック、従事者の養成などなど、直接的に人々の暮らしに関わるわけですし、この部分を埋める意義って、想像以上に大きいかもって思うのは私だけではないでしょう。
廉価なアルジェリアの人件費を搾取するだけでなく、大きく還元して頂きたいものです。

今日21日は、フランスのテレビ局がアルジェリア紹介クリップを流していたりして、楽しめました。
日本の会社が高速道路建設に関わっているのは知っていましたが、現場やオフィス、そして働く日本のオトーさんたちも映っていて感動! とにかく健康で頑張って頂きたいです! お正月は日本で迎えられるのかな〜なんて、ひと事ながら案じてしまいますが、良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2012-12-21 23:44 | アルジェ生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー