Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

編み無め、もーっ

月末ですよ〜ん。
今月も長かったわ〜ん。
残りあと1年7カ月! ほとんど秒読みじゃないっすか〜。(笑)
もう3年くらいアルジェに住んでる気がする…。

でもね、こうもまあ軟禁状態じゃ、編み物でもして「無」の状態にトランスするっきゃないんとちゃう?と思う今日この頃。

去年パリへ行った時、偶然糸屋さんを見つけたんですよ。
しかーし、パリの店っていうのは、営業時間が???な状態で、まるで休憩時間の時間差攻撃かよ…ってな感じ。
それに、散策中に見つけたんで、もう二度と行けないかも?(笑)

そしてそして、ちょうどクリスマス直前にネットで見つけた「メビウス編み」に興味津々。
「ひたすら編んでいけば良い」ってのが、もう「Zen」だよね〜と思えて、これはもう編むしかない!

花の都パリにはきっと、手芸や毛糸の店も多いんでしょうねえ。
ステキな糸がありそうだし。
日本人も多そうだし。
きっとどっかに「匠メビウス120」を売ってる店があるよ!っとおもふ…。
だけど、今度いつパリに行くのさ?(爆)

あ〜、いんしゃーっらーなアルジェ生活だわ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-31 19:57 | 趣味の大部屋

祝 山頂カフェエプロン復活!

カステラ、焼いてみましたっ。

手術前に買ったケーキ型、ようやく使う気になったんですね〜。
アルジェに来て5カ月、この宿舎に越してからかれこれ4カ月が過ぎますが?(爆)

お菓子作りたい〜と思っても、材料の買い出しだけで大変なアルジェの暮らしです。
やっと揃った〜と思ったら、もう身体の具合が悪過ぎて気力なし。
あれよあれよというまに手術、そしてまたケーキ焼きたい…、焼こう、焼けた〜という長いひと月半でした。
お料理するときはエプロンも何も付けないんだけど、ケーキ作りの時は、必ず香港の「ピークカフェ」で買ったエプロンを付けます。ホントは、コックコート着たいくらいですが、持ってないんで。(爆)
あんな観光客しか行かないようなカフェ?(笑)でも、なかなかステキなんだから〜。
今もまだあるかな?

これでホントに、私の予後が終わったのかな〜と思いますが、また疲れて寝込んだりして。(爆)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-30 22:06 | アルジェ生活

アルジェの冬

本日は快晴なり。
スコーンと晴れて、雲一つない上天気。
暖かいのは嬉しいけど、蚊が飛んでるし。(怒)

一昨日だったか、雨降ってるのに、ガーデナー君たちってば頑張ってるじゃん!と思ったら、
バラはどーした?というくらいに刈り込まれちゃって〜。
冬だから?

一方で、アヤメが咲いてます。
あの群青色って、日本っぽい色だよね〜。
ここのガーデナーくんたち、ホントに良いシゴトします。

今日みたいに終日きれいに晴れたのは、スゴく久しぶりな気がするんですが…。
雨か〜と思うと、雷雨だし。(爆)
先週は、ヒョウまで降っちゃったりして。
分かり易いっていえば分かり易い、白黒ハッキリしたお天気でございます。

今がきっと、一年で一番寒い時なんだと思うけど、春はいつ頃どんな風にやってくるんでしょ?


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-29 22:29 | アルジェ生活

コトバを習得するということ

私の知り合いには、コトバの達人っていうか、数カ国語をマスターした日本人がいっぱいいて、彼らは一体どーやって外国語を覚えたんだろう?と、爪の垢を煎じて飲みたい!と思ってしまう。

実は私、フランス語はもうかれこれ5年くらい勉強してるんだよね…。
ぢゃ、なんで話せないのさ?っていう…。
なんでだろお?(泣)

ふとここで、自分が若い時に覚えた、広東語やタイ語はどうやって勉強したのかと、ふと振り返ってみた。
まずは「トラベル香港・広東語会話手帳」を思いっきり丸暗記。(爆)
あの頃はまだ本当に若かったので(笑)、暗記できたてた。
で、実際に香港に行ってからは、同居した義理の両親とも広東語の人だし、子どもたちはナーサリーで覚えて来て教えてくれるし。(笑)
そーいえば、中文大学のメソッドで、頑張ってカセットテープ聞いて頑張ったじゃん、私〜!と思い出した。
トライアングル方式っていうか、1つずつ単語を足していって、一つの文章を作るっていう感じ。

おー(私)
おー ほい(行く)
おー ほい がいちー(スーク)
おー ほい がいちー まい(買う)
おー ほい がいちー まい ゆーん(魚)
おー ほい がいちー まい ゆーん かむやっ(今日)

なにげに語順が間違ってる気がするが…(爆)、まあこんな感じさぁね。
ウチでは広東語、おまけに外でも広東語。しょっちゅうお姑さん仲間とつるんで飲茶行き巡ってりゃ、そら広東語も覚えるわさ。
香港には二度住んだけど、二度目の時にまだ覚えててビックリした。

で、タイ語。
広東語と似てるがゆえに、数を覚えるだけで半年以上かかった気がする…。
でも、バンコクっていうのは英語が通じない所で(当時は)、おまけに私はタイ人からも
「タイ人かと思った」
と言われるほどに日焼けしてて、英語で話すとモノの値段が数倍に跳ね上がるっていう、ある意味白人向け値段より高いんとちゃう?という仕打ちを受けることになるから、タイ語が必須。
懸命に頑張ったんだよね、あの頃は。
まだどっちかっていうと若かったし。(笑)

英語はいつも、同時進行で習ってたんだよぉ〜。
ネーティブがそばにいるって、やっぱ便利かもね。

だけど、やっぱり英語も頑張らなくちゃイケナイ時が来て、それってサウジ時代。
えげれす人のオフロードクラブに入っちゃっちゃー、そりゃ英語しかないわけで…。
Tちゃん曰く、「あの頃すごく上達した」んだそうです。

その後の5年間も、英語で北米の高校過程を勉強したりして、かなりキツかったけどオバさんとしてできる限りの頑張りはしたわけです。

…。

それなのに、なんで仏語はモノにならない?(涙)
やっぱ、話さないから?
ここで語学学校へ行けないって分かってから、まあ私にはスークや商店のオジさんたちが先生だと思えば良いんだよね…とココロを入れ替えたのに、ちょっと何かあるとすぐに外出自粛令が出ちゃったりして。
下手すると、一日ほとんど話さない日もあったりする。
猫相手にしゃべってみても、それって独り言でしかないしね。
日、英、仏で話しかけられてる彼は、マルチリンガルだよ、きっと。
羨ましいことで。

まさにフツーの日本人が英語を習うように、知識はある程度持ってるけど、会話はできない…そんな状況なんだろうねえ、私の場合。
これを加速させて会話できるように、なーんか良い手だてはないんだろうか?
説破詰まってるほど必要に迫られてるのに、困ったものだ。
ウチの本棚には、仏語テキストのコレクションが増えてくばかりだよ…。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-28 12:19 | 寺子屋あらびー&ふらんせ〜

アルジェリアといえば、カミュ

今、とーっても観たい映画があって困ってる。(笑)
なんて言って探せば良いか分かんないし。

観たい映画って、これ。
>>最初の人間 Le Premier Homme
珍しく原題?が載ってる。

アルジェリア出身の作家、カミュが最後に書いてた原稿は未完だったそうだけど、あえてそれを出版、そして映画化されたそうで。
フランスとアルジェリアを行ったり来たりした彼の人生が凝縮されてるようで、これは外せないでしょうって思う。


実はアルジェ、海賊板DVD解禁地区なの?っていうくらい、大っぴらに販売されてるんだそうな。
しかも、フランス語で。(爆)
街のDVD屋さんで、見つかると良いなあ。原題分かったから、今度メモして持って行こう。
街へ行ければ…だけど。



にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-27 22:19 | アルジェ生活

今ここにない危機

日本の家族に、「行く国行く国、情勢不安ばっかしだね〜」と言われ、
ふと「ホントだ〜!」と思った。(爆)

そーいえば、バンコクに赴任してた頃、クーデターっていうか、大掛かりな暴動があったんだよね。
戦車とか出て。
午前中にフィルムを現像に出して、夕方出来上がるってんで取りに行ったら店が閉まってんの。
ちょうどあの時間帯、戦車が出てたんだ〜って、夕方のNHKニュースで見て知ったよ。
(ウチは日本語テレビ契約してなかったけど、なぜか映った。笑)
翌日の英字新聞、3分の1くらい白くなってたし。
最近もまた、なんかデモとかあったんだよねえ?

カイロは今、無法地帯と化してるそうだし。
25日は金曜の集団礼拝後?に、タハリールが大変なことになってる…。

サウジの時もそーいえば、二度目のコンパウンド爆破の時って、ウチから見えたもんね。
っていうか、大爆音とともに家が揺れて、爆発した後の煙?の匂いが流れて来て臭かったし。
それからしばらく、パンパンと銃撃戦の様子が、暗闇の中で見えたんだよ〜。
拳銃って、闇夜で撃つと銃口が光るんだぜ〜。(爆)
家が揺れた時は、マジでビックリしたわん。
隣家にバズーカ砲が打ち込まれた!って思ったもん。(←自分ちだとは思わないとこが能天気? 笑)
窓がガタガタ鳴って、外れるかと思ったし。
たまたま窓に遮光シートが貼ってあったから良かったけど、あれなかったきっと、ガラスが飛び散って大変だったとおもふ…。(教訓:運動靴と靴下、ベッド脇に常備しましょう!)

で、アルジェリア。
かつてはテロが日常茶飯事ってほどいっぱいあって、20万人くらいの人々が亡くなってるそうで。
でも、今、日々の暮らしの中で、そんな緊張感ってあるのかな?と思ってみたり。
Tちゃんの職場って、それはそれは神経質な状況で、後生だから堪忍してくださいお代官さま…って感じ。(笑)
もう何年も続いていることなんで、ウチはアルジェがウルトラ危険地ってのを承知で来たわけですが、それでもやっぱり玄関のクローゼットに入ってる防弾チョッキやヘルメット、持ってたくないし、もちろん使いたくもないっす。
(たぶん、アフガニスタンで米軍が使ってるのと同じヤツ。重くて、あれ着ては走れまてん!)
着任してすぐに、備品の説明とチョッキ他の着脱訓練したんですよ。
戦闘地区じゃないんだから、ったく。

備えあれば憂いなし…なのかなあ。
いくら周りが「考え過ぎだって〜」とか言っても、絶対大丈夫な保証なんてないわけで。
危機は今、ここにあるかもしれなくて、見えてないだけなのかもね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-26 02:32 | アルジェ生活

モロッコの魅力

カサブランカへ出張に行ってたTちゃん、実は先週末に帰宅してます。(爆)
最初は、月末しか帰れなさそうなこといってたんですけど、それはさすがに…。

今回も前回の続きみたいな、スパイスやらキャンドルやら、いろんなお土産買って来ました。
さりげないんだけど、なーんかスゴく良いわ〜っていうモノばかりで、ひょっとしてモロッコってステキなことろ?(笑)

Tちゃん的印象としてはまず、機関銃持ってる警官がいなくて良い!ですと。
次に、ワインが旨い!
美味しいものは?って感じですけど、アルジェリア料理よりスパイス効いてて美味しかったそうです。

しかし。
モロッコ人は、エジプト人みたいに運転する…。
車線数全く無視で、我れ先な運転。まさしくラクダレースのメンタリティー?っていう。(笑)
モロッコ人とエジプト人、そんなところで共通点があるとは、意外です。
チュニジアもアルジェリアも、割とみんなフツーに運転しますけどね?
この違いは何なんでしょうか。謎です。

地方都市には陶芸村があったりして、面白そうですね〜。
次の出張には、ぜひともついて行きたいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-25 22:10 | アラビアン de ないと

1月24日、イスラム暦3月12日

本日、アルジェリアは祝日でございます。
3連休ですよ〜。知らんかった…。(爆)
何の日だろぉ?って感じなんですけど、Tちゃんがこないだ持ち帰ったアルジェリアのカレンダー、
23日が赤日になってるんですね。
ひょっとしてイスラム教関係の祝祭日かな?と思ったら、やっぱりそうでした〜。

Wiki

預言者生誕祭なんですって。
昨夜は、すわっ銃声?という音が暗くなってからずーっと鳴り響いて、怖かったですが、実は花火でした。
ったく紛らわしい!という…。
生誕やら何やらかんやら、そーゆーのお祭り騒ぎしちゃいけないんじゃないですか、本来は?
ま、いっけど。

今日はお店もお休みらしいですが、日中も強風&雷雨で外は真っ暗!
連休も引きこもり。
別に行きたい所もないですけど、ちょっと残念。(苦笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-24 21:54 | アルジェ生活

予後っていつまで?

子宮摘出後、そろそろ7週間になろうとしています。
ホントだったら、一カ月検診とか受けなくちゃいけないんとちゃうの?って感じですけどねえ。
北米だったら、6週間後にフォローアップ、かな?

ドクトルAってば、最後の診察の日に…
「ボクの役目はもう終わりだから、もう来なくていっからね〜」
なーんて、突き放すようなことを宣ったのですよ。
さりげなくすっげー自信家で、手術前にしたTちゃんの説明も、
「あれことかそれとかこれとか、手術にはいろんなリスクがあります。
 でも、そんなことはボクにはあり得ないからダイジョーブ!」
ですと。
それだけウデも良くて、症例も多くこなしているってことなんでしょう。
みょう〜にカワユイ感じのドクトルです。
ん〜、オランド首相に似てるかも?(笑) もっと若いけど。
ユーモアのセンスもとーっても良くて、ケータイの着信に「ひゅ〜るるる〜」なんて、お化けが出そうな音させて、何それ?と思ったら、「あ、ボクの奥さんからだ…」。
速攻で出たんですが、「今患者さん診てるから。すぐにかけ直すから」。恐妻家ですか?(笑)

おっと。
予後のハナシでした。
もうぜーんぜん出血もないし、そろそろ腹筋もできそうぢゃーん!というこの頃のワタクシですよ。
もう予後はおしまい?なーんて、勝手に思っていたわけです。
が、昨日あたり、なーんか生理前みたいな、どよ〜んとした下腹の感覚…。
もう子宮がないのに、なんで?(爆)
これもファントムペインみたいなもん?
あ、ひょっとしたら排卵痛でしょうか?
卵巣は1つ残ってるから、ひょっとしたらそーかもしれません。

いずれにしても、もういつまでも甘えてられないよなぁ…みたいな、すっごーい残念感でいっぱいな今日この頃でゴザイマス。(苦笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "

More ... ここから先、子宮のおさしん。グロいので要注意。白黒です、念のため。
[PR]
by maadienne | 2013-01-23 02:05 | 筋腫と子宮と卵巣と

事件が収束に向かい、そして始まること

ニュースではもう、アルジェリアのことは流れてもトップではなくなりました。
とりあえずの収束、という位置づけでしょうか。
多くの人が犠牲になりましたが、犯人側にしてみたら、今回は失敗に終わったのです。

それでこれからどうなるのか?
もっと小規模で、神出鬼没的かつ効果的な方法を取る作戦に出るのでしょう。
例えば、アルジェなど都市部での外国人の誘拐など。

欧米のとある国は、子どものいる家族(配偶者と子ども)に、既に帰国を促しているのだそうです。
私もこれからは、今まで以上に外出は自粛、ということになっていくのでしょうか。
軟禁生活に、益々拍車がかかってしまいます。

ついこの間まで、アルジェリアの将来、明るくなってきたんじゃない?とか思っていたのに…。
残念なことです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2013-01-22 02:46 | アルジェ生活

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー