Salut Alger 地中海の風に吹かれたい/猫と沙漠とアラブ馬 Roving in Saudi Arabia

maadienne.exblog.jp ブログトップ

仏語あれこれ

フランス語のガッコはお休みですが、むかーし使ってたテキスト、見直してます。
読み直してる…ってんじゃないのがミソかもね。(笑)

アルジェまで持って来た、北米で販売されてるテキストってば、英語のも仏語のもあまりいろいろ書かれてない気がする…。
え? パッセコンポゼだけ? っていう…。

一方、しばらく旅行中のヒトから借りてた、フランスで出版されてるテキスト!
優しい練習問題がてんこ盛りです。パッセコンポゼ、インパルフェ、プルスクパルフェ、フューチャサンプルなど、あれこれそれといーっぱい目次に書いてある〜。
やっぱりフランス人って、フランス語にかける情熱が違うのね…。

だけど、これまたむかーし取ったソーホー大学のフランス語Ⅰのテキスト、ムツカシイわ〜。
初級なのにあんなのやらせるって、どーゆー魂胆でしょうね。(笑)

それはさておき。
最近、ネットで立て続けに仏語会話のクリップを見つけて、まあガッコはお休みだし、とりあえず見てみるかな〜って感じで見てるんですが、教科書と会話って別モノ?ってくらい違います。

ふとここで、英語はどーやって覚えたんだろお?とか思ったわけです。
広東語、タイ語も習いましたけど、英語ってやっぱり、最初に覚えた外国語だし、気合いが違わない?
中学の教科ってこともあったけど、英語が分かると世界が広がる、みたいなすごい期待があったよね。
で、実際世界中のヒトたちと、英語を介して分かり合えるわけでしょ。
仏語もタイ語も広東語も、その土地に住んで必要に迫られて習ったわけで。
動機も取り組み方も、英語は別格?

えーっと、何だっけ?(笑)

そうそう、フランス語会話!
同じコースを2回するんだから、2冊めのテキスト要らないから上のヤツ下さいって言ったんです、登録の時に。そしたら、ダメだって。
なんで?って思っちゃうけど、決められた数、登録者とテキストの数が合ないとダメなんでしょう。
次のテキスト、今月の登録日にしかもらえないけど、もらったらまず速攻で全部タイプしてグーグル翻訳にかけなくちゃいけないのよ〜。
でもま、今度からは週に2回(のはず)だし、ぽこあぽこ、頑張るわ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログへ . .: + * ` - * . .* ☆ "
[PR]
by maadienne | 2014-09-03 22:59 | 寺子屋あらびー&ふらんせ〜

2003~2007年サウジアラビア生活体験日記と沙漠の旅ログ& 2012年~アルジェリア幽閉生活徒然日記


by maadienne
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30